連載 「国語力」が、中学受験を左右する!

「脱・印だらけ」文章読解のための印つけのポイント|「国語力」が、中学受験を左右する!

専門家・プロ
2020年12月23日 水溜 兼一(Playce)

本連載では、国語の講師として、中学受験を目指す子どもたちを長年指導している南雲ゆりか先生が、国語力アップにつながるさまざまな方法を紹介します。

国語の読解法のひとつである「印つけ」。本文にたくさん印がついていると、親は「頑張って学習している」と思いがちです。しかし、印はたくさんついていればいいというものではありません。そこで今回は、印をつける目的とポイントについてお伝えします。

「印つけ」は読解の手段であって目的ではない

普段の学習やテストで物語文や説明文・論説文を読むときに、指示語や接続詞などに印をつける受験生がいます。印つけは文章読解のひとつの方法ですが、なかには、印をつけるだけで勉強をした気分になってしまう子がいます。何か印をつけないと親に怒られると思ってしまうのかもしれません。

親も本文にたくさん印がついていると、「しっかり文章を読めている」と安心してしまうことがあるようです。国語の読解で良くないのは印つけが目的になってしまうこと。しかも、あれもこれもと印をつけると、本文が印だらけになりポイントがわかりにくくなります。印つけは読解の手段に過ぎませんから、何のために印をつけるのか、つけた印を足掛かりに本文をどう読み解くのかを考える必要があります。

印つけには二つの目的がある

印つけの目的は二つあります。一つは普段の国語学習において、本文の内容をきちんと理解して読むスキルを身につけるためです。もう一つは


続きは有料会員の方がご覧いただけます

南雲ゆりか
南雲ゆりか 専門家・プロ

南雲国語教室(東京都文京区)主宰。「正確に読む力、伝える表現力」の育成をモットーに小学生の指導にあたっている。東京都生まれ。横浜市の小学校教諭を経て、大手中学受験塾の国語科専任教師に。10年間、最難関コースの指導を担当するとともに、模試や教材の作成にも携わった。主な著書に、『笑って合格する!「中学受験」必勝法』『中学受験の合否を決める! 考える力がつく「国語」勉強法』(いずれもダイヤモンド社)『名探偵コナンの12才までに身につけたい本物の漢字力 1026字』(小学館)がある。現在、朝日小学生新聞で「楽読み楽解き国語の時間」、朝日新聞EduAで「国語のチカラ~読解力アップの教科書~」を連載中。

この記事の著者

雑誌・新聞の編集・ライターを経て、現在は、通信教育企業のキュレーションサイトや大学案内のライティングなどを担当。