連載 「国語力」が、中学受験を左右する!

2021年入試分析 国語の問題はどう変化したか|「国語力」が、中学受験を左右する!

専門家・プロ
2021年3月24日 水溜 兼一(Playce)

本連載では、国語の講師として、中学受験を目指す子どもたちを長年指導している南雲ゆりか先生が、国語力アップにつながるさまざまな方法を紹介します。

2021年入試の国語の問題はどのような傾向があったのでしょうか? 南雲先生が問題分析を通して注目したポイントを伝え、これから受験を目指すご家庭に向けてアドバイスします。

説明・論説文のテーマに「コロナ禍」が登場

今年はコロナ禍の影響により、例年とは異なる学習環境のなかで入試を迎えました。授業の進行に与えた影響などを考慮して難易度が下がるのではという予想もありましたが、国語の入試問題は全体的に例年よりも特段易しかったという印象はありません。素材文や選択問題の長文傾向も変わらない印象です。

今年ならではの特徴として注目したのは、説明文・論説文でコロナ禍に言及した文章が取り上げられたことです。たとえば、早稲田中ではソーシャルディスタンスを取りながら他者とどう連携していくかを述べた文章が出ました。また、海城中ではドイツのメルケル首相の国民へのスピーチが扱われました。コロナ禍による社会の変化や今後の生き方について考えさせる文章が多く、コロナの収束がまだ見えない状況を考えると、今後もコロナ禍に言及した素材文は引き続き取り上げられるでしょう。

近年の入試問題は、


続きは有料会員の方がご覧いただけます

南雲ゆりか
南雲ゆりか 専門家・プロ

南雲国語教室(東京都文京区)主宰。「正確に読む力、伝える表現力」の育成をモットーに小学生の指導にあたっている。東京都生まれ。横浜市の小学校教諭を経て、大手中学受験塾の国語科専任教師に。10年間、最難関コースの指導を担当するとともに、模試や教材の作成にも携わった。主な著書に、『笑って合格する!「中学受験」必勝法』『中学受験の合否を決める! 考える力がつく「国語」勉強法』(いずれもダイヤモンド社)『名探偵コナンの12才までに身につけたい本物の漢字力 1026字』(小学館)がある。現在、朝日小学生新聞で「楽読み楽解き国語の時間」、朝日新聞EduAで「国語のチカラ~読解力アップの教科書~」を連載中。

この記事の著者

雑誌・新聞の編集・ライターを経て、現在は、通信教育企業のキュレーションサイトや大学案内のライティングなどを担当。