連載 「国語力」が、中学受験を左右する!

得意だった国語が苦手に……。「小5の壁」の乗り越え方とは?|「国語力」が、中学受験を左右する!

専門家・プロ
2021年3月04日 水溜 兼一(Playce)

本連載では、国語の講師として、中学受験を目指す子どもたちを長年指導している南雲ゆりか先生が、国語力アップにつながるさまざまな方法を紹介します。

「4年生のときは国語の成績が良かったのに、5年生になって苦手になった」と悩む保護者の方は少なくないようです。5年生の国語学習でつまずいてしまう原因と、「小5の壁」を克服する方法を南雲先生が伝えます。

小4と小5の国語の違い

国語で「小5の壁」にぶつかってしまう子のなかには、「今まで国語は特に勉強しなくてもできた」という子が多くいます。子どもは、「得意だった国語ができなくなった」と落ち込み、保護者の方は、なぜ成績が落ちたのかわからず焦ります。子どものつまずきの原因を見つけるためには、まず「小4と小5の国語の問題の違い」を把握する必要があります。

4年生の読解問題は、素材文のテーマや内容が理解しやすく、設問も易しいケースが比較的多いです。ですから素材文を精読しなくても勘で解けることがあります。しかし、


続きは有料会員の方がご覧いただけます

南雲ゆりか
南雲ゆりか 専門家・プロ

南雲国語教室(東京都文京区)主宰。「正確に読む力、伝える表現力」の育成をモットーに小学生の指導にあたっている。東京都生まれ。横浜市の小学校教諭を経て、大手中学受験塾の国語科専任教師に。10年間、最難関コースの指導を担当するとともに、模試や教材の作成にも携わった。主な著書に、『笑って合格する!「中学受験」必勝法』『中学受験の合否を決める! 考える力がつく「国語」勉強法』(いずれもダイヤモンド社)『名探偵コナンの12才までに身につけたい本物の漢字力 1026字』(小学館)がある。現在、朝日小学生新聞で「楽読み楽解き国語の時間」、朝日新聞EduAで「国語のチカラ~読解力アップの教科書~」を連載中。

この記事の著者

雑誌・新聞の編集・ライターを経て、現在は、通信教育企業のキュレーションサイトや大学案内のライティングなどを担当。