中学受験ノウハウ 連載 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

【小6】直前期に受ける模試の受け止め方 ―― 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」

専門家・プロ
2021年9月29日 やまかわ

中学受験と聞くと、難関校を目指す受験がどうしてもイメージされます。しかし、そうではない、あるいはそのやり方に疑問をもつご家庭は少なくないでしょう。この連載では、『ゆる中学受験 ハッピーな合格を親子で目指す』の著者である亀山卓郎先生に、親子で疲弊しない中学受験をテーマにさまざまなお話を伺います。

小6の受験生が受けられる首都圏模試は、残すところあと10月・11月・12月の3回のみ。秋以降は模試の結果を参考に、どの学校を受験するか話し合う機会も増えてきます。一方で模試の結果に左右されてしまい、落ち着かない日々を過ごす家庭が増えてしまうのもこの時期です。そこで今回は、中堅校受験を考える子を持つ親御さんに向け、私がどのように模試の結果を分析しているか、そして模試をどう受け止めれば良いのかを解説します。

※記事内の語句
「偏差値」……首都圏模試のデータを参考
「模試」……首都圏模試(合判模試)を想定

受験生は、12月以降も伸びる

まず私の塾(進学個別桜学舎)では、秋以降の4回の模試のうち、目標校にチャレンジできるだけの偏差値が出るかどうかで受験プランを練っています。このとき、2回クリアすればGOサイン。1回の場合にはセーフティネットとなる学校を含めて検討、0回ならば志望校変更も考えます。しかし基準を1回も上回らなかったといって、志望校を絶対に変更させる、というわけではありません。なぜなら受験生は、最後の模試が終わったとき、つまり12月上旬以降に大きく伸びる可能性があるからです。

下の図を見てください。これは、中堅校受験生によく見られる3つの推移をまとめたものです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

亀山卓郎
亀山卓郎 専門家・プロ

かめやま たくろう|明治学院高等学校、成城大学卒業。大手塾・個人塾などで教務経験を積んだ後、2007年に転居のため千葉県及び江戸川区の塾を閉鎖し、台東区上野桜木で「進学個別桜学舎」をスタート。首都圏模試の偏差値で60を切る学校への指導を専門に「親子で疲弊しないノビノビ受験」を提唱している。第一薬科大学付属高校上野桜木学習センター長。YouTube「下町塾長会議」構成員。著書「ゆる中学受験ハッピーな合格を親子で目指す」(現代書林)、「めんどうな中学生(わが子)を上手に育てる教科書」(ブックトリップ)、構成・問題監修「LIZ LISA Study Series中1/中2」、監修「おっぱっぴー小学校算数ドリル」(KADOKAWA)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。