中学受験ノウハウ 連載 中学受験のよもやま話

早稲田の附属校と系属校の違いって? 学校によって推薦枠に違いも|中学受験のよもやま話


早稲田大学には、首都圏と関西、九州、そして海外を含めると2つの附属校と5つの系属校があります。計7校のうち、中学入試を実施しているのは4校です。そもそも附属校と系属校は、どちらも大学と連携して授業を実施することもあるなど共通点が多い一方で、いくつかの違いもあります。では早稲田を例に、附属校と系属校の違いを見ていきましょう。

附属校・系属校の大きな違い

附属(付属)校と系属校の違いは「経営母体」が異なることです。附属校は大学と同一法人が経営し、建学精神と伝統にもとづいた一貫教育がおこなわれていますが、系属校の経営母体は別法人です。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱

この記事の著者

2019年設立。中学受験を切り口とした教育分野の研究をおこうなう。運営するnote「中学受験Style」で保護者のための情報を続けている。