[読者質問に回答]受験をやめる、やめないという親子間のやり取り

中学受験保護者のための1day 1hack 中学受験保護者のための1day 1hack

移動時間、お昼休み、ホッとひと息をついたスキマの時間に。読者からの質問を中心に、お子さまの中学受験をサポートするための、ちょっとしたメソッドを、教育・受験指導専門家の西村創さんが音声&ミニコラムでお伝えします。

音声再生&ミニコラムの閲覧には有料会員登録(初回30日間無料)とログインが必要です

有料会員サービスの内容はこちら

2022年08月28日

[読者質問に回答]受験をやめる、やめないという親子間のやり取り

とじる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

西村です。

先日、つぎのようなご質問をいただきました。

読んでみますね。

■ニックネーム

sunny

■お子さまの学年

小6

■質問内容

にしむら先生、いつもポジティブになれるアドバイスありがとうございます。

毎日、時間を見つけてはYouTubeと3分メソッドで心を落ち着かせています。

 

早速ですが、聞いてください。

小学校に入ってから、父親の影響で野球を続けている息子がいます。

野球に集中できる、ある私立中学校を提案したところ、本人が受験を決断しました

その学校では、寮生活が待っています。息子はかなりのマザコン・ファザコンですが、親元を離れて寮生活をしないといけない環境であるということも、受け入れています。

受験に対する本気度は、かなり高いはずです。

6月が終わるまでは中学受験を考えていなかったこともあり、野球の大会や遠征などもあるなか、通塾して受験勉強を続けています。

親子ともに、必死に毎日を過ごしています。

 

でも勉強でつまずいたり、集中力が切れると、

「勉強やりたくない、おれには無理」
「じゃあどうする? やめてもいいんだよ?」
「でも○○中学には行きたい」
「じゃあ頑張る?」
「……」

といったやりとりが、週に何度も起こります。

私も本人もメンタルが……

息子も焦りがあって、こういったやりとりが不毛ということはわかっていても、言わずにはいられないという感じなのでしょう。

しかし受験日は1月上旬ということもあって、とにかく時間がありません。

このような不毛なやり取りをすっきり終了して、受験勉強に集中したいのですが、解決方法はありますか?

sunnyさん、ご相談ありがとうございます。

「毎日、時間を見つけてはYouTubeと3分メソッドで心を落ち着かせています」というありがたいご感想をいただきましたので、今回も、心が落ち着く話を伝えられたらと思います。それは、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱