中学受験ノウハウ 公立中高一貫校 受検体験記 連載

私立併願は正解のない「底なし沼」 あがきながらつかんだ区立九段への合格切符|公立中高一貫校 受検体験記

2023年5月18日 ケイティ

0
私立中学の受験とは異なる公立の中高一貫校の受検に、親子はどのように向かっていったのか……、その頑張りの軌跡を、公立中高一貫校合格アドバイザーケイティ先生による、保護者が学ぶ適性検査サロン「ケイティサロン」に寄せられた受検体験記からご紹介します。

こんにちは!公立中高一貫校合格アドバイザーのケイティです。

今回は、2023年に区立九段を受けた方の【受検体験記】をご紹介します。

もともと理系に強いお子さんでしたが、文系が伸びるにつれ理系に陰りが見えたり、どちらかが伸びるとどちらかでミス頻発…など、ジェットコースターのようなアップダウンにママさんの心臓もドキドキしっぱなしの追い込み期だったのではないかと思います。が、「後悔のないようにやれることをやる」とおっしゃって、親子で怒涛のラストスパートを送っている姿が印象的でした

01|お子さんの性格はどんなタイプですか?

続きは会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
ケイティ

ケイティ

  • この記事の著者

公立中高一貫校合格アドバイザー。1988年兵庫県生まれ。
2007年からの講師経験を活かし、現在は独立して適性検査対策情報をWebやセミナーで伝えている。中学受験(受検)によって親子関係に溝が出来たり、進学後に不登校になったりするケースを多数見てきた経験から、合格だけをゴールにせず、より良い学習人生を歩むためのサポートを保護者と一緒に考え続け、主宰するオンラインサロンには全国から親子が参加している。1期から3期まで700組以上の親子を送り出し、現在2024年度以降の受検に向けて全国の親子と奮闘中。
著書に、『公立中高一貫校合格バイブル(受検500日前から本番まで「いつ」「何を」するべきか)』(実務教育出版)『公立中高一貫校受検にまつわる50の壁』(YELL books)『合格力アップ!公立中高一貫校頻出ジャンル別はじめての適性検査「算数分野」問題集』『(同タイトル)「社会分野」問題集』(実務教育出版)。

ケイティサロンケイティブログ