学習 国語

自立語・付属語の違いを解説! 中学受験ならこれだけで大丈夫

2018年5月11日 ハルカ

国語の文法は、勉強すればするほど難しく感じてしまいます。受験だからと細かく勉強すると、嫌になって投げ出してしまう子供も少なくありません。

品詞分類を勉強するうえで避けては通れない「自立語・付属語」は、基本的なことだけを覚えましょう。子供のやる気をそがない程度に、必要なポイントを厳選して解説します。

単語と文節

自立語と付属語を理解するには、まず単語と文節の理解が必要です。

たとえば「私は歩く」という文をできる限り細かく分けてみましょう。最も細かく分けると「私 / は / 歩く」の3つになります。

このように、辞書に載っているレベルまで細かく分けた言葉が「単語」です。

「私 / は / 歩く」と単語で分けると、意味のわからないものが出てきます。「私」「歩く」はそれだけで意味がわかりますが、「は」はわかりません。意味のわからない言葉が出ないようにすると、「私は / 歩く」の2つに分けられます。

このように、意味のわからないものが出てこないよう、単語よりもう少し大きく分けたものが「文節」です。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com