中学受験ノウハウ 連載 親子のノリノリ試行錯誤で、子供は伸びる

6年生2学期に向けた3つの心得 ―― 親子のノリノリ試行錯誤で、子供は伸びる

専門家・プロ
2023年8月09日 菊池洋匡

1
自ら伸びる力を育てる学習塾「伸学会」代表の菊池洋匡先生がおくる連載記事。「親子で楽しく試行錯誤することで、子供が伸びる」ということを、中学受験を目指す保護者さんにお伝えします。

こんにちは。中学受験専門塾 伸学会代表の菊池です。

毎日暑い日が続きますね。外を歩くだけで体力が削られます。

こんな中、毎日塾と家を往復して、長時間勉強している小学生はすごいですね。

塾に通っているだけでえらい!

そんな気持ちで応援していただけると良いのではないでしょうか。

さて、まだ夏期講習真っ最中のこのタイミングですが、一足早く6年生に向けて、受験に合格するための2学期の準備についてお話ししておこうと思います。

2学期になると、模試の回数も増え、土日の特訓講座も始まり、そこに過去問演習が加わり、時間が足りなくなります。

そして、しょっちゅう様々なテスト結果が返却され、その良し悪しにメンタルが振り回されがちです。

その結果、勉強のリズムを崩してしまい、十分に力を伸ばしきれなくなったりします。

そこで、こうした落とし穴にはまらないようにするための心がまえをお伝えします。

今のうちに準備をしておいてください。

まだお子さんが6年生でなかったら、そのときのために覚えておいてくださいね。

準備その1:過去問を偵察する

まず、やるべき準備その1は、「過去問を偵察すること」です。

8月末から9月上旬にかけて、1年分で良いので過去問を見てみましょう。

具体的には、お子さんは「お試しで」問題を解いてみる。親御さんも、単に採点するだけでなく、どんな問題が出ているのか、一度じっくりご覧いただくといいでしょう。

2月1日の時点でどんな問題が出ていて、どの程度の難しさまで解けるようになっていれば良いのか、ゴール地点を確認するためです。

「ゴール」と「現在地」がわかると、「あっちに行くぞ!」という方針が決められます。

「ゴール」と「現在地」のどちらかが欠けていたら、「迷子」になります。

「迷子」の行動は、「やみくもに走り回る」か「その場に座り込んで泣き出す」か。

いずれにせよ目的地にたどり着ける可能性は低いでしょう。

塾の教材・カリキュラムに沿ってやっていけばある程度近いところまではたどり着けますが、決してピンポイントではありません。

続きは会員の方のみご覧いただけます

1
菊池洋匡

菊池洋匡

  • 専門家・プロ
  • この記事の著者

中学受験専門塾 伸学会代表。開成中学・高校・慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。算数オリンピック銀メダリスト。大学生時代にアルバイトで塾講師をはじめ、情熱を持って取り組むうちに、子供たちの成績を上げるだけでなく、勉強を楽しむ気持ちや困難を乗り越え成長していくマインドを育てる方法を確立。その後、15年の塾講師生活で生徒と保護者に「勉強には正しいやり方がある」ということを一貫して伝え続ける。著書に『小学生の勉強は習慣が9割 自分から机に向かえる子になる科学的に正しいメソッド』(SBクリエイティブ)『「やる気」を科学的に分析してわかった 小学生の子が勉強にハマる方法』(秦一生氏との共著、実務教育出版)『「記憶」を科学的に分析してわかった 小学生の子の成績に最短で直結する勉強法』(実務教育出版)。

伸学会Youtubeチャンネル