学習 国語

速読の役に立つ? 飛ばし読みすべき部分と、してはいけない部分

2018年7月20日 ハルカ

長い文章を速く読める人は、上手に飛ばし読みをしています。速く読めるのに点数がついてこない人は、「飛ばし読み」を誤解しています。闇雲に飛ばして読むだけでは逆効果。飛ばし読みには経験と技術が必要です。

漢字テストもできるし読書も好きなのに国語の成績は上がらない――そんな子供に確認してほしい、点数につながる飛ばし読みの方法を解説します。

「飛ばし読み」とは?

飛ばし読みとは文章中の言葉や文を飛ばして読むことです。飛ばすと言っても、段落をごっそり飛ばすようなことはしません。読まなくても「見る」ことはするので、文章の一部だけをななめ読みをするような感覚です。

「飛ばし読み」と「読み飛ばし」は違うの?

似た表現ではありますが、「飛ばし読み」と「読み飛ばし」は大きく異なります。

ななめ読みの飛ばし読みとは違い、読み飛ばしは意識的に読むのを回避することです。ななめ読みすらせず、ごっそり文章を抜かしてしまいます。速く内容を理解するためではなく、読むのが苦手、もしくは嫌いだから文章をなかったことにする。ショートカットをしている感覚ですね。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

ハルカ
この記事の著者

大手進学塾で6年間国語講師を務め、塾では主に5,6年生を担当。偏差値20台の勉強しない子供から、御三家に合格するレベルの子供まで幅広いレベルを受け持ちました。モットーは「無理なく楽しく効率的に」。

現在は中学受験を応援する個人サイトを運営。教育系webライターとして教育系、子育て系サイトでの活動も行っています。

中学受験アシストブック
https://assist-book.com