連載 桜井家の勉強方法

中学受験の勉強で用意した、ちょっと変わったアイテム|桜井家の勉強方法(4)

2018年3月01日 中学受験ナビ 編集部

※この記事は、「マイナビ家庭教師」Webサイトに掲載されたコラムを再編集のうえ転載したものです。

ドラマ第5話では「俺塾」にコピー機が導入されましたが、実際の桜井家にもありました、業務用のコピー機!

「桜井家の勉強法」の第4回は、桜井家のちょっと普通じゃない!? アイテムをご紹介します。

1.業務用コピー機

問題を切り貼りして作成するオリジナルノートや、実際の入試を模した問題用紙づくりに大活躍。リース料を稼ぐため、深夜にポスティングのバイトを始めた。

2.筆ペン

一筆入魂に使用。たとえば漢字の勉強。たくさん書いても作業になるため、筆ペンできれ~いにじ~っくり書いて数を減らす作戦をとった。

3.紙

印刷ミスをしたものを裏紙として使用する節約はあたりまえ、なんと印刷工場からもらってきた切れ端となる紙をストックして使っていた。ドラマではチラシの裏を使うシーンもあったが、同じ節約でもちゃんと書きやすい紙を見つけていた。

4.マグネット

毎日の計算問題で、マルになるたび壁のホワイトボードにマグネットを貼って高さを積み上げる。バツになるとゼロからやり直し。高くなればなるほどミスできないため慎重に取り組める。


■バックナンバー

※記事の内容は執筆時点のものです