連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

理科実験教室の意外な盲点|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2019年5月09日 石渡真由美

近年、子ども達の理科離れが危惧され、その歯止めをかけようと大手進学塾や企業などが理科実験教室を実施しています。子どもに“体験させる”のは良いことです。しかし、やり方によっては子どもの好奇心を奪うことにもなり兼ねません。なぜでしょうか?

近年増加している理科実験教室。体験学習は大事だけれど

近頃、理科実験教室に通わせているご家庭が増えています。少子化で、子ども一人にお金がかけられる今は、少しでも早い段階から習い事や幼児教室に通わせて、わが子の可能性を伸ばしてあげたいと考える親御さんが多いようです。そのなかに、最近は理科実験教室も含まれるようになりました。

理科実験教室では、紫キャベツを使って水溶液の性質と反応色の関係を調べたり、電流の仕組みを知るためにリモコンカーを作ったりするなど、子ども達が楽しめるプログラムが用意されています。

こうした体験をすること自体はいいと思いますが、限られた時間で行われるため、先生が実験するのをただ見ていたり、あらかじめ用意されたキットを組み立てたりするだけで終わってしまうこともあります。

擬似的に発見体験はできたとしても、「あ〜、色が変わった!」「あ〜リモコンカーが動いた!」と自分の目で確認しただけでおしまい。

私は、それでは“理科好き”になるきっかけにはならないと感じています。むしろ、理科を学ぶうえで必要な“ワクワク”を奪ってしまうのではないかと危惧しています。

擬似的な発見体験で満足していませんか?

理科実験教室の問題点は、「必ず答えが用意されている」ことです。例えば、紫キャベツ液の色変化の実験をする場合、酸性には酢を、アルカリ性には重曹を、といったように、あらかじめ混ぜるものが用意されています。

実験とは本来、試行錯誤を重ねて発見することであるべきなのに、正しい実験試薬と正しい実験器具、正しいゴールがすでに用意されているため、「これを混ぜたらどうだろう?」「じゃあ、これならどうだろう?」といったワクワクや、「えー!? これを混ぜたらピンクになるの?」といった驚きを感じることができません。

擬似的に発見体験ができたとしても、それは誰かが用意してくれたものを、いわれた通りにやってみただけで、子どもはそれに向かって「検証」しているに過ぎないのです。

リモコンカーを作る場合も、あらかじめキットが用意されています。子ども達はそれを組み立てることに頭がいっぱいになり、「なぜ動くのか?」という原理を理解しないまま、満足してしまうのです。

子どもは本来、みんな知りたがり屋です。幼い頃は、目に入るものすべてに興味を持ち、「これなぁに?」「あれなぁに?」「なんでうごくの?」など、親御さんにたくさんの疑問を投げかけたと思います。

こうした気持ちが学ぶ意欲を高めていくのですが、幼いときから早期教育をやらされ、早く答えを知ってしまうと、「これはなんだろう?」「なぜこうなるのだろう?」といった子どもの知的好奇心を奪い、結果、理科の学習に必要な「自然科学に対しての興味・関心を持ち、仮説を立てて論証する能力」を育むことができなくなってしまうのです。それこそ理科実験教室の弊害であると私は感じています。

誤解しないでいただきたいのですが、理科実験教室がまったく無意味なものだといいたいわけではありません。

抽象的な概念の理解が難しい小学生には、実際に体験することでイメージをつかめるという利点がありますし、なかには理科実験教室に参加したことによって、理科に関心を持つ子もいるでしょう。何事もそうですが、やり方次第なのだと思います。

けれども、こうした実験教室に行かなくても、理科に対する興味を広げることもできます。しかも、お金をかけずに日常生活や遊びのなかで育むことができるのです。

理科を好きになるきっかけは日常生活にある

例えば、お風呂では「水の三態」が学べます。天井についた水滴に注目させ、「どうやって水があそこについたのだろうね?」と問いかけてあげると、子どもは真剣に考えます。親御さんが一声かけてあげるだけで、「水→水蒸気」の変化が学べますし、「水蒸気は目に見えないが水滴は目に見える」ということを知ることができます。そこから「雲ができるしくみ」や「上昇気流」について話してあげることもできるでしょう。

また、お風呂では「浮力」を体験することもできます。風呂桶を逆さまにしてお湯のなかに入れ、それを上から押すと手に反発力が伝わってきます。

授業や教科書を使って「浮力」の解説をしても、実体験のない子はいまひとつピンときませんが、一度でもそういう体験をしたことのある子は、「あ、あの時、お父さんとやったあのことだな」と自分の経験と新しい知識をつなげることができます。

ほかにも料理や掃除のお手伝いをしたり、公園のブランコで遊んだり、自然のなかでさまざまな生き物や植物に出会ったりすることで、理科の興味を広げていくことができます。

ところが、マジメな親御さんに、「子どもに理科への興味を持たせたいなら、日常生活での働きが大事ですよ」と伝えると、「これも教えてあげなきゃ」「あれも教えてあげないと」と義務感に駆られてしまうことがあります。そうなると、子どもは楽しめなくなってしまいます。

親御さんは、肩肘を張らずに、日常のなかでさりげなく伝えてあげるといいのではないでしょうか。そのとき子どもが理解できなくても、数年後にふと「ああ、あのときにお母さんと一緒にやった不思議な体験は、こういうことだったのだな」と気づくことがあります。

子どもは自分が楽しかったことや感動したことは、そう簡単には忘れません。そして、自分で気づきが得られると大きな喜びになります。その喜びが学ぶ意欲へとつながっていくのです。


■「今一度立ち止まって中学受験を考える」バックナンバー

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

合わせて読みたい