学習 連載 イメージで覚える中学受験歴史

鎌倉時代【2】鎌倉幕府成立と封建制度 ―― イメージで覚える中学受験歴史

専門家・プロ
2020年11月12日 吉崎 正明

源平合戦を経て、鎌倉に幕府を開いた源頼朝。では、そもそもなぜ鎌倉を拠点としたのでしょうか。まず、頭のなかにつぎのような風景をイメージしてみてください。三方が山に囲まれ、残りが海に囲まれた場所――。鎌倉は、まさにこうした場所に位置していたのですね。つまり、敵から非常に守りやすい土地だったのです。ちなみに鎌倉の武士たちは、山を切り開いた特別な通り道、いわゆる「切り通し」と呼ばれる道を使って移動していました。

幕府が開かれたのはいつ?

鎌倉幕府が開かれたのは何年なのか、については諸説あります。「鎌倉時代【1】源平合戦3つの戦い」のなかでも少し触れましたが、改めてふたつの説についてお伝えします。

まずは、1185年説。これは、壇ノ浦の戦いが終わったあと、全国に守護と地頭を置き、実質的に全国を支配するようになったことで鎌倉幕府の仕組みが整った、と考える説です。もうひとつは1192年説。1192年は、頼朝が朝廷から征夷大将軍に任命された年です。征夷大将軍は、武士のトップです。征夷大将軍となったことで鎌倉幕府も開かれた、と考える説ですね。

まとめると、以下の通りです。

1185年:守護と地頭を置き、全国を支配する準備が整った
1192年:源頼朝が征夷大将軍に任命された

ちなみに中学入試では、鎌倉幕府の成立年のように、議論が分かれている論点はほぼ出題されません。それよりも鎌倉幕府に関しては、まずはそれぞれの年にどのような出来事があったのかをイメージできるようにしておきましょう。

征夷大将軍と執権

以下の表をもとに、鎌倉幕府のしくみを確認します。

「将軍(征夷大将軍)」は、鎌倉幕府のリーダーを指す言葉です。一方で「執権(しっけん)」とは、将軍を補佐する役職のこと。代々、北条(ほうじょう)氏一族が執権を務めました。

ちなみに平安時代までは、執権と似た役職として「摂政」と「関白」がありました。紛らわしいですが、以下のように役割を確認しておきましょう。執権は「幕府の~」、摂政・関白は「天皇が~」という違いがポイントです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

吉崎 正明
この記事の著者
吉崎 正明 専門家・プロ

現役塾講師。都内中学受験塾で社会・国語を担当。12年間在籍した大手進学塾では中学受験難関選抜ゼミ担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」で優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。指導方針は「正しい学習姿勢で、楽しく成績を伸ばす」。また、社会では「センス不要。イメージを作って考える」授業を実践しており、中学受験ナビでも「イメージで覚える中学受験歴史」を執筆。茨城県行方市出身。