学習 連載 イメージで覚える中学受験歴史

室町時代【1】室町幕府成立と足利義満 ―― イメージで覚える中学受験歴史

2021年1月19日 吉崎 正明

元寇で御恩がもらえなかった武士は、借金をかかえます。「永仁の徳政令」と呼ばれる“借金帳消しの命令”も出されましたが、生活は苦しいままでした。そして鎌倉幕府と武士の関係が悪化するなか登場したのが、後醍醐(ごだいご)天皇です。鎌倉幕府を倒そうとするも二度失敗し、隠岐(おき)に流された後醍醐天皇でしたが、足利尊氏たちの協力、そして持ち前の負けん気の強さもあり、1333年、ついに鎌倉幕府を倒したのでした。

建武の新政

鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇は、建武(けんむ)という元号を定め、1333年に「建武の新政」をスタートさせます。建武の新政とは、天皇や公家、貴族を中心とする政治のこと。しかし建武の新政は失敗し、たったの3年で終わってしまいました。失敗の原因は、武士への恩賞が不十分だったことです。鎌倉幕府に不満を持っていた武士は「恩賞をたくさんもらえたら嬉しいな」と建武の新政に期待していましたが、「これでは鎌倉幕府のころと一緒だ!」と怒りの声を上げていったのです。

吉野に逃れた後醍醐天皇

建武の新政に不満をもった武士たちは、「あの方ならきっと何とかしてくれるだろう」と考え、倒幕で活躍した足利尊氏のもとに集まります。そして武士たちに説得された尊氏は、後醍醐天皇と対立します。後醍醐天皇側の一番の武将とも呼ばれ、“悪党”としても名をはせた楠木正成(くすのきまさしげ)を倒し、京都を占領しました。一方の後醍醐天皇は身の危険を感じ、京都から脱出。奈良の「吉野」に逃れます。ちなみに後醍醐天皇は、自分の姿がばれないように女装して脱出したともいわれています。

南北朝時代へ

1336年、京都から脱出した後醍醐天皇に代わり、尊氏は光明(こうみょう)天皇という新しい天皇を立てます。一方で、後醍醐天皇も奈良の吉野で自らを天皇と名乗りました。天皇がふたりになったことで、朝廷もふたつに。世の中は、大混乱しました。ちなみに、北に位置する京都の朝廷は「北朝」、南に位置していた吉野の朝廷は「南朝」と呼ばれます。このふたつの朝廷が存在した期間を「南北朝時代」と呼び、1392年の南北朝合一(ごういつ)まで続きました。

室町幕府の成立 ―― 初代将軍・足利尊氏

1338年、足利尊氏は北朝の光明天皇から征夷大将軍に任命されました。この年が室町幕府成立の年といわれますが、「建武式目」という名の基本法を足利尊氏が制定した1336年を室町時代の始まりとする説もあります。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

吉崎 正明
この記事の著者

都内の中学受験専門塾で社会・国語担当として活躍。12年間在籍した大手進学塾では難関選抜講座担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」において優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。全国トップレベルの授業技術と多彩な戦術眼を駆使し、御三家中などの最難関校から幅広い成績層まで、多くの受験生の第一志望合格をサポート。茨城県行方市出身。