連載 イメージで覚える中学受験歴史

室町時代【2】応仁の乱とふたつの文化 ―― イメージで覚える中学受験歴史

2021年1月21日 吉崎 正明

室町幕府の全盛期を築いた3代将軍・足利義満とちがい、“ダメな将軍”として語られることが多いのが8代将軍・足利義政(よしまさ)です。当時の世の中に混乱を巻き起こした義政の行動とともに、応仁の乱や、室町時代に生まれたふたつの文化についても見ていきましょう。

8代将軍・足利義政

足利義政は、その性格によって当時の政治を混乱させてしまった将軍です。そもそも義政は、政治に興味がありません。一方で恋愛には関心があり、母親代わりとして育ててくれた乳母(うば)を愛してしまうほどでした。そして義政は、正妻に日野富子を迎えます。富子はとても強気な性格で、政治にも口を出し、“わいろ政治”をして金もうけをするような女性。当時の将軍だった義政も、富子には頭が上がりません。富子のせいで政治に対してさらにやる気が出なくなった義政は、「将軍の地位を早く後継ぎに譲りたいなぁ……」と考えるようになります。

しかし、仲の悪い義政夫婦のあいだに息子はいません。そこで義政は、弟の義視(よしみ)に将軍の座を譲ることを決めます。「これで次の将軍が決まった」と義政が安心していたところ、その翌年、富子は義政とのあいだに義尚(よしひさ)という名の男の子を産みました。次の将軍は、弟の義視にすでに決まっています。しかし富子はあきらめません。「あなた! わかっているわよね? つぎの将軍はこの子よ!」と、義尚を腕に抱えながら義政に迫ったとか。義政は「いやぁ、もう次の将軍は決まってるし……」とたじたじです。そんな夫の様子も気にせず、「あなた!! わかっているわよね!?」と富子はさらに詰め寄ってきます。このような状況になったとき、富子を止められる人は誰もいませんでした。

そして義政は、まさかの方法をとります。一体、どんな方法だと思いますか? 義視の将軍の座を取り消す? 富子を斬(き)ってしまう? どれも違います。なんと義政は後継ぎを決めず、家を飛び出してしまったといわれているのです。

義政の後継ぎ争い ―― 応仁の乱へ

政治に無関心な義政をよそに、残された人たちは義政の後継ぎ問題を話し合います。この議論には細川勝元(ほそかわかつもと)と山名宗全(やまなそうぜん)という名の守護大名も加わっていましたが、細川勝元は「東軍」として義視側につき、山名宗全は「西軍」として義尚側につき、対立します。こうして将軍の後継ぎ争いは、大きな戦いへと発展していったのです。この戦いは1467年から11年続き、「応仁の乱」と呼ばれました。

義政の跡継ぎ問題でふたつの軍に分かれた
東軍(義視側)……細川勝元
西軍(義尚側)……山名宗全

義政は趣味にふけっていた

応仁の乱が巻き起こっているなか、義政は息子の義尚に将軍の職をゆずり、自らは隠居していました。応仁の乱の混乱もあり、人々は義政のことをすっかり忘れていましたが、応仁の乱からしばらく経ったある日、焼け野原となった京都で何かの作業に打ち込む義政の姿を見つけます。義政のそばには、建造中の建物が。実は義政は、趣味の一環として銀閣をつくっていたのです。世の中の混乱も知らず、自分の趣味にふける義政に対し、当時の武士たちの怒りが収まることはなかったでしょう。

応仁の乱の影響

応仁の乱は、はっきりとした勝敗がつかなかった戦いでした。一方で、当時の世の中には大きな影響を与えます。

■応仁の乱の影響
1、京都が焼け野原になった
2、身分が下の者が上の者を実力で倒していく「下剋上(げこくじょう)」の世の中が訪れた
3、京都の戦乱から逃げた貴族などにより、地方にも「文化」が広がった

応仁の乱のあと、下剋上の世の中が訪れました。そして各地の守護大名は「戦国大名」となり、天下統一を目指してさまざまな争いを繰り広げたのです。応仁の乱後のこうした時代は「戦国時代」と呼ばれます。

年号の覚え方
応仁の乱:1467年(いよっ! 胸毛)

応仁の乱は、身分関係なく武士全員にチャンスが回ってきた戦いでした。そのため当時の武士のテンションは、まさに「いよっ!」という高いものだったのです。ちなみに、武士のイメージは胸毛として覚えておきましょう……。1167年に平清盛が武士としてはじめて「太政大臣」となった出来事もありましたね。武士の時代の始まりとも呼べる年ですが、これも「いい胸毛」とイメージすると覚えやすいかもしれません

北山文化と東山文化

室町時代の文化を代表する、ふたつの文化を紹介します。

室町幕府を代表するふたつの文化
北山文化(代表的な人物:足利義満/代表的な建造物:金閣)
東山文化(代表的な人物:足利義政/代表的な建造物:銀閣)

足利義満が生きていた当時の「北山文化」、そして足利義政の頃の「東山文化」、それぞれの代表的な建造物といえば金閣と銀閣です。京都旅行で実際に訪れたり、写真でその姿を見たりした人も多いかもしれませんね。なお、金閣と銀閣は、当時の幕府の財政状況がわかりやすく反映された建物としても知られています。

北山文化

北山文化は、足利義満が3代将軍として活躍していた時代に、京都の北山を中心に栄えた文化です。その代表的な建造物といえば金閣ですが、「金閣寺」と書くとテストではバツとなります。正式には「鹿苑寺(ろくおんじ)」と呼ばれるお寺のため、「鹿苑寺」または「金閣」と答えるようにしましょう。「鹿苑寺金閣」と書いても正解です。

金閣は3階建てで、たくさんの金(きん)が使われています。建立した当時は、室町幕府の全盛期。財政も豊かだったため、大量の金を用意できたのです。

「能」が大成

北山文化では、義満の保護を受け、観阿弥(かんあみ)と世阿弥(ぜあみ)の親子が「能」を大成しました。能とは、猿楽(さるがく)という踊りに田植え踊りを取り入れたお芝居のことで、「能面」という仮面をつけて演じます。能は、緊張感のある神秘的なお芝居です。一方で能の合間には、観客がリラックスできる時間として「狂言(きょうげん)」が演じられました。狂言とは、笑いやユーモアにあふれたお芝居のことです。能と狂言は、テレビドラマの本編と、その間に流れるCMのような関係ですね。

東山文化

東山文化は、8代将軍・足利義政の頃に京都の東山で栄えた文化です。代表的な建造物は銀閣ですが、テストで「銀閣寺」と書くとバツです。「慈照寺(じしょうじ)」が正しい名称のため、「慈照寺」または「銀閣」と答えましょう。「慈照寺銀閣」と書いても正解です。

銀閣は2階建ての建物です。建立当初は銀を使う予定でしたが、お金がなくて用意できなかったため銀は使われていません。応仁の乱のあとの京都は焼け野原。銀を買えるだけのお金がなくて当然ですよね。一方で銀閣は、芸術の分野ではプロ級の腕前を持っていた義政のこだわりにあふれた建物として有名です。たとえば、この時代以降の日本の住まいの基礎となった「書院造(しょいんづくり)」が取り入れられているのもそのひとつ。庭もきれいに整えられているなど、当時の建造物としては今もなお高い評価を得ています。

雪舟の「水墨画」が大成

東山文化では、雪舟(せっしゅう)の水墨画も大成しました。墨一色で描いたとは思えない「秋冬山水図(しゅうとうさんすいず)」などの絵が有名です。

雪舟は、子供のころにお寺で修業していました。しかし、修業が大嫌い。ある日修業をサボると、和尚さんは罰として雪舟を柱に縛りつけてしまったそうです。涙を流した雪舟ですが、縛りつけられた状態のまま、なんと足だけで上手なネズミの絵を描いたとか。子供の頃から、絵の才能に恵まれていたのでしょうね

芸術は得意だった足利義政

足利義政は政治が嫌いな将軍でしたが、芸術に関わる分野では力を発揮し、大きな功績を残しました。学校の成績でたとえると「図工は5、あとはすべて1」のような人物だったのです。そして義政の時代は、幕府が財政で苦労した時代でもあります。足利義満の時代、そして金閣と銀閣を比べることで、当時の厳しい財政状況をイメージとしてつかんでおきましょう。


これまでの記事はこちら『イメージで覚える中学受験歴史

※記事の内容は執筆時点のものです

吉崎 正明
この記事の著者

都内の中学受験専門塾で社会・国語担当として活躍。12年間在籍した大手進学塾では難関選抜講座担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」において優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。全国トップレベルの授業技術と多彩な戦術眼を駆使し、御三家中などの最難関校から幅広い成績層まで、多くの受験生の第一志望合格をサポート。茨城県行方市出身。