連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

新学年 好スタートを切るためにやっておきたいこと|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2021年1月20日 石渡真由美

首都圏では間もなく中学入試がピークを迎えます。それが終わると、2月から4年生は新5年生、5年生は新6年生の勉強が始まります。新学年で好スタートを切るために、今やっておくべきことは?

社会は少し先取り。理科は前学年でつまずいた苦手単元の見直しを

中学受験の勉強は学年が上がるごとに内容が難しくなり、量も増えていきます。ということは今成績が伸び悩んでいる子は、ますます大変になるということです。そうならないために学年が上がる今、学習のやり方を見直し、苦手教科を得意教科に変えていきましょう。各教科の学習ポイントをアドバイスします。

【社会】前学年の復習よりも新しく学ぶことを先取りしておく

社会は積み上げ式の学習です。塾では4年生から5年生の1学期まで地理を学習しますが、4年生の地理は各地方の名所旧跡や地形、農作物など、地理の基本に触れる程度で、本格的に地理を学ぶのは5年生になってからです。

5年生になると、「りんごの産地はどこか?」「りんごはどういうところで育つのか?」「果物を育てるのに適した場所はどんな地形で、どんな気候か?」など、より詳しく地理を学んでいきます。その後5年生の2学期に歴史を学び、6年生からは公民の学習が始まります。

このように5年生から6年生の1学期までは、学ぶことや覚えることがたくさん出てくるため、復習になかなか時間をかけられなくなりがちです。復習は夏休みなど時間があるときにまとめて行うほうがいいでしょう。

それよりも、私は新しく学ぶことを少しだけ先取りしておくことをおすすめします。先取りといっても、テキストに目を通しておくだけでOKです。授業でまったく知らないことを聞くのではなく、ほんの少しでも前知識があると理解が深まり、記憶にも残りやすくなります。

6年生からは公民の授業が始まるのでその前に、買い物で消費税を意識させて税金のしくみを教えたり、選挙があったら共に投票所に足を運んで、政党名や国会議員の仕事などを意識させたりするなど、親御さんが少しだけ関わってあげると、子ども達の理解や暗記が進みやすいと思います。

【理科】前学年でつまずいた苦手単元を復習する


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。