連載 中学受験との向き合い方

反抗期を迎えた中学受験生との接し方 ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2021年4月13日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

前回解説した、反抗期を迎えた中学受験生との接し方。サナギのように殻にこもる反抗期の子供と接するときは、「聴」「律」の姿勢が大事だとお伝えしましたね。しかしながら子供はさまざまな屁理屈(?)で親御さんの頭を悩ませるものです。今回はその例をいくつか紹介し、具体的な解決策について考えてみましょう。

「やりたくて受験するわけじゃない」と言い出したとき

中学受験を始めたころは不満なく塾に通っていた子供が、反抗期を迎えた途端に「本当は受験なんてしたくない!」と言い出すことがあります。これも自我の芽生えの一種。こんなときは、お互いに冷静に話し合う機会が必要です。

話し合いのテーマは「どんな中学校生活を過ごしたいか」「将来、何をやって飯を食っていくか」「夢や憧れ」。そして親の大人としての目線から見える世界。子供の目の高さから見える「自分を待つ世界」は限られています。

子供が一歩踏み出したいと思える世界を親の言葉で語れますか? 語るだけでなく、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

翌月以降

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所、コミュニティ・カウンセラー・ネットワーク(CNN)などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。相性はDon先生。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)。公式YouTubeはこちら

投書箱

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。