連載 中学受験との向き合い方

反抗期を迎えた中学受験生との接し方 ―― 中学受験との向き合い方

専門家・プロ
2021年4月13日 やまかわ

首都圏の一部では、4人に1人の小学生が挑戦するともいわれる中学受験。子供の受験に親はどう向き合えばよいのでしょうか。この連載では、『中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由』の著者である、田中純先生に中学受験との向き合い方をテーマにさまざまな話を伺います。

前回解説した、反抗期を迎えた中学受験生との接し方。サナギのように殻にこもる反抗期の子供と接するときは、「聴」「律」の姿勢が大事だとお伝えしましたね。しかしながら子供はさまざまな屁理屈(?)で親御さんの頭を悩ませるものです。今回はその例をいくつか紹介し、具体的な解決策について考えてみましょう。

「やりたくて受験するわけじゃない」と言い出したとき

中学受験を始めたころは不満なく塾に通っていた子供が、反抗期を迎えた途端に「本当は受験なんてしたくない!」と言い出すことがあります。これも自我の芽生えの一種。こんなときは、お互いに冷静に話し合う機会が必要です。

話し合いのテーマは「どんな中学校生活を過ごしたいか」「将来、何をやって飯を食っていくか」「夢や憧れ」。そして親の大人としての目線から見える世界。子供の目の高さから見える「自分を待つ世界」は限られています。

子供が一歩踏み出したいと思える世界を親の言葉で語れますか? 語るだけでなく、親が手を引いて見せてあげられますか? もしも子供に「やりたくない勉強を強いる」なら、その先にある「善きもの、美しきもの、苦悩・苦痛に耐えて手に入れる価値のあるもの・こと」について親は自分の言葉や行動で示す責任があります。それらの背景を背負って、親御さんが中学受験をさせたいと思った理由や行ってほしい学校などをお伝えになるのです。同時に、反抗期を迎えた子供の現在の考えにも、いま一度耳を傾けてみましょう。

「子供は親の言うことを聞いていればいいの!」と頭ごなしに子供を制するのがおすすめできません。これまでは親の言うことを聞いていた子供も、反抗期を迎えれば自分の頭で考え、悩み、「もっと自分の自由にさせてくれてもいいじゃないか!」という姿勢を持つようになります。そのため、これまで以上に子供のやりたいこと、言いたいことに耳を傾けるようにしなくては、親子関係は悪化する可能性があるのです。

これにはもちろん留意点があります。前回書きましたように、耳を傾けるのは大切だが、親が子供の言うなりになってはいけません。「それは、誰のことか?」「それを決めるのは誰か?」を意識し、子供にも意識させながら、「自分で決められる自分のこと」を少しずつ広げていくのです。

実際に試験会場に行って問題を解くのは子供です。「なぜ中学受験をするのか」を納得したうえで勉強をしないと成績は上がりにくいし、会場で積極的に問題を解く姿勢がなければ志望校に合格することはできません。子供が「学びの意義」に気づくためのチャンスだと捉え、根気強く冷静に話し合ってみましょう。

塾に行きたくないと言い出したとき

「親の言う通りにはしたくない! 塾になんか行きたくない!」という気持ちがどんどん強まると、塾の日にお腹を壊すようになったり、発熱したりして体が拒否反応を示すことがあります。塾に行きたくないと言いつつも、本人の心のなかでは「塾に行かないといけない」という気持ちも混在しています。こうした状態で親御さんがプレッシャーをかけてしまうと、「今日も行けなかった……」という後悔はどんどん溜まっていきます。

親としても「せっかく高いお金を払っているのに塾に行かないなんて!」「このままでは志望校に受からない!」という想いもあるでしょう。しかしこんな場合には、パフォーマンスを上げることよりもメンテナンスの優先順位を上げてみましょう。メンテナンスの大切な柱は「養生すること」です。そして養生のバロメーターは「気持ちが良いかどうか」です。

まずはわが子が現在の生活を気持ちよく過ごすための行動を第一に取りましょう。「今日は塾のことは忘れていいから、自分のやりたいことを思い切りやりなさい」といって、一人になる時間を確保してあげるのがいいですね。子供の気持ちが自然と上向きになるのを待つのも、反抗期の子供と接するためのひとつの方法です。あるいは反抗期の程度が軽いのであれば、家族みんなで出かけてみたりしてもいいかもしれません。それは、本稿の始めにお伝えした「子供の目の高さから見える世界」を広げるチャンスにもつながります。

子供が一緒に学校見学に行ってくれない

学校見学や塾の送り迎えなど、中学受験生は親子で外出する機会が多いです。しかし、反抗期を迎えた子供は親と一緒に外出するのを嫌がることも多いもの。理想をいえば、子供が反抗期に入る前に気になる学校を見に行ったり、登下校している生徒の様子を一緒に見たりして、理想の学校像の下地をつくっておくのがベストです。

しかし反抗期になると一筋縄ではいきません。手強いときには、ご褒美で釣るのもひとつの裏技です。「親の都合に付き合ってもらう」というスタンスで、「あなたの好きなスイーツを買ってあげるから、今度の土曜日に○○中学の文化祭に行こうよ」とお願いしてみるのもいいですね。

中高一貫校は思春期の6年間を過ごす大切な場所。言うことを聞くか聞かないかはさておき、受験を視野に入れている学校は子供自身の目で確かめさせるべきでしょう。自分の中高時代をどこで過ごすかの選択について、本人のコミットメントはむろん大切ですが、そういう正攻法で説き伏せるより、「ともかく見てみてよ」という気楽なアプローチが効果的な場合もあり得ます。

親子関係がこじれたときは第三者を頼る

反抗期の子供がまったく親の言うことを聞かないときは気楽に構えて、「じゃあこの話は2週間保留にしておこう」と言って話を切り上げればOKです。そのうえで一向に関係に改善が見られない場合は、第三者の力を頼るのも有効です。たとえば上にお子さんがいればお兄ちゃん、お姉ちゃん。そのほか学校の先生や塾の先生など。子供には直接口を出さず、彼らと打ち合わせをして親の気持ちを代弁してもらうのもいいでしょう。親に対しては反抗的でも、彼らのうちのいずれかには心を開いてコミュニケーションを取ってくれる可能性があります。

親の言うことを聞かせることに意固地にならない

子供の人生は子供のものですから、親の言うことを聞いてくれないことは多々あります。「○○中学に合格してくれたらうれしいな」と伝えるのはOKですが、それに向けて努力するかどうかは子供次第です。志望校の合否云々よりも大事なことは、中学受験を経験したことがどのように役に立ったのか。その点について、受験を終えたときに親子で明快に答えが導き出せたならば、中学受験は成功です。

そのためには目標だけにとらわれすぎずに、いま現在の子供の様子を注意深く見守ることが大切。親御さん自身が気負いすぎず、心配しすぎず、子供の成長を静かに見守ることを心がけてください。

※記事の内容は執筆時点のものです

田中純
田中純 専門家・プロ

開成中学校・高等学校、国際基督教大学(ICU)教養学部教育学科卒業。神経研究所付属晴和病院、中高教諭、学校カウンセラーを経て公文国際学園開講準備に参加。現在は赤坂溜池クリニックやNISE日能研健康創生研究所などでカウンセリングやコンサルテーションを行っている。「一家にひとり、一課にひとりのコミュニティ・カウンセラー」を育てることを目標としている。著書「ストレスに負けない家族をつくる」「中学受験は挑戦したほうが100倍子供のためになる理由」(みくに出版)

この記事の著者

編集・ライター。学生時代から都内で6年間塾講師を務める。塾講師時代は、おもに作文・国語・英語の科目を担当。小学生から中学生までの指導にあたる。現在は編集・ライターとして教育関連をはじめ、街歩き・グルメ記事の執筆取材をおこなう。