連載 イメージで覚える中学受験歴史

江戸時代【2】家光・綱吉の政治 ―― イメージで覚える中学受験歴史

2021年5月19日 吉崎 正明

徳川家康を祖父、そして徳川秀忠を父に持つ家光は、「私は生まれながらにして将軍なり」という言葉を残したといわれています。そして「私は大名のお前たちとは身分が違うのだ」と言わんばかりの強気な政策で、江戸幕府をさらに強くしていきました。一方で江戸幕府の5代将軍・徳川綱吉は、過去の将軍のように武力でほかを圧倒する「武断(ぶだん)政治」ではなく、学問や教養などを政治に活かす「文治(ぶんち)政治」を進めました。

参勤交代

1615年、江戸時代2代将軍の徳川秀忠により「武家諸法度(ぶけしょはっと)」が制定されました。「江戸時代【1】徳川家康の活躍」で解説したとおり、武家諸法度とは「大名に守らせるためのルール」のことでしたね。

そして1635年、3代将軍・家光はその武家諸法度に「参勤交代」という制度を追加しました。参勤交代とは、江戸と領地を各大名に1年ごとに往復させるというもの。当時はもちろんバスや電車もなく、徒歩で何日もかけて移動しなければなりません。これでは疲れもたまり、さらには宿泊代などにお金もたくさん必要なため、大名たちは困り果ててしまいました。さらに参勤交代では、妻や子供を幕府に“人質”として取られてしまいます。そのため大名は江戸にいる家族を守るため、イヤでも参勤交代をする必要があったのです。

このように参勤交代は大名から見ると厳しい制度であった一方で、幕府としては大名が逆らわないようにするためにその力をパワーダウンさせることを目的にした大切な施策でした。ちなみに参勤交代には、日本橋を起点とする五街道が使われました。

五街道
中山道(なかせんどう)、日光街道、奥州(おうしゅう)街道、甲州街道、東海道

それぞれの街道には多くの宿場(しゅくば)が設けられ、そのなかには旅人が休める宿場町もありました。そして街道の途中には関所(せきしょ)も設けられました。箱根の関所が特に有名ですね。ちなみに関所は「入り鉄砲、出女」を厳しく取り締まる場所として知られていました。

入り鉄砲、出女
「江戸に武器が入ってこないように、逆に人質となっている大名の妻が江戸から出ていかないように注意せよ!」といったこと

鎖国までの歩み

家光が成し遂げたことのひとつに、鎖国の完成があります。鎖国とは、ほかの国といっさい関係を持たない政策のこと。中学受験では鎖国の流れがよく出題されるので、イメージが深まるように詳しく解説していきます。

キリスト教禁止

1612年、秀忠が出した禁教令のもと、次のような理由からキリスト教が禁止されました。

■キリスト教を禁止した理由
「上下関係を重んじる」という幕府の考えに対し、「神の前ではみんな平等」というキリスト教の考えが合わなかったから

キリスト教は「平等」を掲げています。つまりキリスト教の前では、将軍や家来といった身分は関係なくなってしまいます。一方で幕府としては、「上下関係をくずしてはいけない」という考えを持っていました。そのため、キリスト教を厳しく取り締まったのです。そして禁教令のあとに実施した鎖国に関わる政策の数々も、キリスト教を日本から遠ざけることを目的におこなわれました。

スペイン船の来航禁止

禁教令のあと、幕府はヨーロッパ船の来航を禁止します。そして1624年、来航をいち早く禁止したのがスペイン船です。なぜなら、日本に出入りしているヨーロッパの国々のなかでキリスト教を広める可能性が特に高かったからです。ポルトガルもその筆頭でしたが、まずはスペイン船の来航を禁止しました。ちなみに当時はオランダも日本に来ていましたが、彼らの目的はあくまで貿易。「キリスト教は広めない」と約束もしていたため、幕府はオランダ船の来航は禁止しませんでした。

日本人の海外渡航禁止

1635年、家光は日本人の海外渡航も禁止します。日本人が海外に行くことを禁止するのはもちろん、なんと外国にいる日本人が帰ってくることも禁止しました。これはびっくりですよね。海外の日本人からしたら嫌がらせ以外の何物でもありませんでしたが、これもキリスト教が国内に入らないようにするための欠かせない政策だったのです。

島原・天草一揆

キリスト教の禁止に、スペイン船の来航禁止。さらには日本人の海外渡航禁止 ――。キリスト教に対するこうした厳しい政策の数々に、キリスト教徒の怒りは爆発寸前でした。特に九州の島原では、キリスト教徒への厳しい取り締まりだけでなく、領主からの厳しい年貢の取り立ても重なっていました。そしてついに、島原のキリスト教徒の怒りが爆発。1637年、「島原・天草一揆(しまばら・あまくさいっき)」が勃発しました。キリスト教徒のリーダーは天草四郎。当時、わずか16歳の青年です(※)。天草四郎は若くして非常に勇気のある行動をみせましたが、幕府の命令により出陣した九州の大名、さらにはオランダの軍艦まで登場したことで、一揆はまさに“一気に”しずめられました。

※15歳という説もあり

絵踏・寺請制度

島原・天草一揆を経て、幕府はキリスト教に対し「危険なやつらだ」という考えを強めていきます。そして、キリスト教徒の取り締まりを強化する目的で「絵踏(えふみ/えぶみ)」をおこないました。絵踏とは、キリスト教の“神”とされるキリストやマリアの像を踏ませるという行為のこと。キリスト教徒は、自分たちが崇拝する“神”の絵を踏むことができません。そのため踏めなかった場合には捕らえられ、処罰されました。そしてこの当時、「寺請(てらうけ)制度」も導入されました。

寺請制度
本人の意思にかかわらず、お寺に戸籍をつくらせる制度

1639年、幕府はポルトガル船の来航も禁止します。これによって、海外からキリスト教が入ってくる心配がほぼなくなりました。

鎖国の完成 ―― オランダ商館を出島に移す

長崎には、江戸幕府がつくった扇形の人工島「出島(でじま)」が今も残っています。そもそも出島がつくられた目的は、ポルトガル人を閉じ込めておくこと。しかし、ポルトガル船を来航禁止にしたことで出島の使い道がなくなってしまいました。そこで幕府はオランダ商館を出島に移し、出島をオランダとの「貿易の窓口」とします。オランダ人はキリスト教を広める心配はありませんでしたが、念のため出島に閉じ込めておこうとしたんですね。オランダ商館を出島に移したことによってキリスト教が日本に広まる恐れがなくなり、これをもって鎖国が完成しました。

ちなみに鎖国は「他国との関係をいっさい持たないこと」を意味する言葉ですが、例外として、当時の日本は清(中国)・朝鮮・オランダとは交流を続けていました。これらの国は、それぞれ窓口となる場所が次のように決まっていました。

交流の窓口
オランダ……出島
清……唐人屋敷(とうじんやしき)
朝鮮……対馬

「窓口」と呼ばれてもピンと来ない場合には、たとえば病院の受付をイメージしてみましょう。受付を通らずにいきなり診察室のドアを開けても、お医者さんは診察してくれませんよね。これと同じで、清や朝鮮、オランダはそれぞれの窓口を通らないと交易が許されなかったのです。

ちなみに当時、日本とは“別の国”と考えられていた琉球やアイヌにも窓口があり、それぞれ薩摩藩・松前藩がその窓口役を担っていました。将軍が代わるごとに「朝鮮通信使」と呼ばれる使節が朝鮮から来ていたこともあわせて覚えておきましょう。

徳川綱吉の政治

家光の次に歴史の表舞台に登場するのが、江戸幕府5代将軍・徳川綱吉です。4代将軍の家綱(いえつな)に子供がいなかったため、家光の四男・綱吉が将軍に選ばれました。

綱吉は、儒学(じゅがく)という学問を重んじます。儒学とは、中国の孔子(こうし)が唱えた道徳の教えのこと。「親子や兄弟の関係を重んじること」を説いた学問として知られます。そのため綱吉は特に母を大事にし、ふたりの子供(息子と娘)も授かりました。しかし自分の後継ぎとなるはずの息子が5歳で亡くなります。その後も綱吉は子供に恵まれず、困り果てました。そして母にすすめられ、僧侶に相談することに。すると「これまで子供に恵まれなかったのは、あなたの一族がこれまで殺生(せっしょう/生き物を殺すこと)をしてきたからだ。これからは動物を大切にしなさい」とアドバイスされます。これは、綱吉にとって大事な存在の母からすすめられた僧侶の言葉。綱吉は、その言葉を心から信じました。そして綱吉は動物全般、とくに「自分の生まれ年の『犬』を大切にしよう」と考えるようになったのです。

ちなみに、綱吉の「綱」という字を「網」と間違える受験生が少なくありません。しっかりと書けるようになるまで練習してみてくださいね。

生類憐みの令

1685年、僧侶のアドバイスもあり、綱吉は動物の愛護令として「生類憐みの令」を制定します。読み方は「しょうるいあわれみのれい」です。「憐」という字は漢字で書けるようにしておきましょう。

一見すると「動物を大切にしようなんていい制度だ」と思うかもしれませんが、実はそんなに甘いものではありません。たとえば、蚊が飛んできたとします。多くの人は瞬間的に手ではたくかと思いますが、綱吉の時代で同じことをしたらすぐに捕らえられ、人によっては島流しの刑に。そしてこれは、犬やネコを叩いても同じことです。さらには魚や貝、鶏肉なども食べてはいけないとされ、釣りも禁止されていたといいます。

特に綱吉は犬を愛護していたので、犬を飼っている人は落ち着いて生活できません。そのため、当時は多くの犬が捨てられました。それらの犬は野良犬となり、町中を歩き回ります。そして人々が野良犬を追い払うのも命がけ。なぜなら、振り回した棒が犬に当たると役人に捕まってしまうからです。ちなみに現在の中野駅(東京都)の周辺には、捨てられた犬を保護するための犬小屋が建てられました。広さは、建築当初で約16万坪。これは東京ドーム約11個分、東京ディズニーランドと同じくらいの広さです。最終的にはもっと広くなったそうですが、これではもはや「犬“小屋”」ではありませんね。

そもそも生類憐みの令は、綱吉が子宝に恵まれなかったときに聞いた「動物を大切にしなさい」という僧侶のアドバイスによって始めたことです。この言葉を信じ、人々の不満が渦巻くなかでも動物愛護に奔走した綱吉でしたが、結局は後継ぎの息子に恵まれることなくこの世を去りました。

貨幣の質を下げる

綱吉は貨幣の質を下げたことでも知られます。当時、各国の金銀の産出量が減ったことで幕府の収入が減っていました。さらに4代将軍・家綱のころ、「明暦の大火(めいれきのたいか)」という事件が起こり、江戸の大半が大火事に見舞われます。

明暦の大火
火事が起きた理由は諸説ありますが、冬に女性の火葬をした際に、北西から吹いてきた「からっ風」によって棺(ひつぎ)に入れていた振袖(ふりそで)が燃えて飛ばされ、江戸の家々に引火したとする説が有力です。振袖が原因で起きた火事のため、明暦の大火は「振袖事件」とも呼ばれます

明暦の大火で、江戸は大きな被害を受けました。その復興に多額のお金が必要だったこともあり、幕府は財政難に陥っていたのです。

こうしたなか、綱吉は“質の低い”貨幣をたくさんつくります。貨幣に必要な金や銀が手に入らなかったので、一つひとつの貨幣の金や銀の含有率を下げたのです。結果的にお金はたくさん出回りましたが、お金が多く流通すると貨幣の「価値」は下がります。そして「物価(モノの値段)」は上がってしまいました。生類憐みの令だけでなく、貨幣の質を下げたこの施策も断行したことによって、綱吉に対する人々の信頼は地に落ちたのです。

新井白石の「正徳の治」

新井白石(はくせき)は、6代将軍・家宣(いえのぶ)、7代将軍・家継(いえつぐ)のもとで働いていた儒学者です。彼は、儒学の考えにもとづいた「正徳(しょうとく)の治」と呼ばれる政治をおこないました。

白石は、綱吉が将軍になったことで一層厳しくなった幕府の状況をがんばって立て直そうとします。さまざまな施策をおこないましたが、そのなかでも特に押さえてほしいのは次のふたつです。

正徳の治

  • 生類憐みの令の廃止
  • 貨幣の質を元通りにした

正徳の治は、綱吉の政治を“ゴミ箱”にポイっと捨てるイメージを持つとわかりやすいですよ。

生類憐みの令の廃止

まず、白石は生類憐みの令を廃止します。ちなみに死の直前、綱吉は「生類憐みの令だけはこれからもずっと残してくれ」と白石に頼んでいたそうです。このときはさすがに白石も「もちろんです」と言ったかと思いますが、綱吉が亡くなったことがわかるとすぐに廃止。「人々のためにも、生類憐みの令はすぐに廃止だ!」という白石の言葉に安心した人は多かったことでしょう。

貨幣の質を元通りにした

白石は、質が下がっていた貨幣を元通りの質に変えます。物価の上昇をおさえ、財政を安定させようと考えたのですね。

このように、白石は江戸幕府を立て直そうと一生懸命取り組みました。しかし努力は実らず、幕府の状況はよくなりませんでした。結果として8代将軍・吉宗からクビを言い渡され、白石の正徳の治は終わりを迎えたのです。

「正徳の治」までの流れを押さえよう

徳川家光は、参勤交代と鎖国をおこなった将軍でした。参勤交代は「大名をパワーダウンさせるため」、鎖国は「キリスト教を禁止するため」というように、それぞれの施策を理由とともにイメージできるようにしておきましょう。そして生類憐みの令をはじめ、さまざまな悪政をおこなった綱吉は、江戸幕府史上“最悪”な将軍と呼ばれます。この綱吉の政治を、新井白石が「正徳の治」によって“ゴミ箱”にポイッと捨てるまでの流れについても押さえておいてくださいね。


これまでの記事はこちら『イメージで覚える中学受験歴史

※記事の内容は執筆時点のものです

吉崎 正明
この記事の著者

都内の中学受験専門塾で社会・国語担当として活躍。12年間在籍した大手進学塾では難関選抜講座担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」において優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。全国トップレベルの授業技術と多彩な戦術眼を駆使し、御三家中などの最難関校から幅広い成績層まで、多くの受験生の第一志望合格をサポート。茨城県行方市出身。