[読者質問に回答]小6のこの時期に「塾に行きたくない」と言い出した

中学受験保護者のための1day 1hack 中学受験保護者のための1day 1hack

移動時間、お昼休み、ホッとひと息をついたスキマの時間に。読者からの質問を中心に、お子さまの中学受験をサポートするための、ちょっとしたメソッドを、教育・受験指導専門家の西村創さんが音声&ミニコラムでお伝えします。

音声再生&ミニコラムの閲覧には有料会員登録(初回30日間無料)とログインが必要です

有料会員サービスの内容はこちら

2022年09月20日

[読者質問に回答]小6のこの時期に「塾に行きたくない」と言い出した

とじる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

西村です。

先日、つぎのようなご質問をいただきました。

読んでみますね。

■ニックネーム

急がば回れ母

■お子さまの学年

小6

■質問内容

先日は「偏差値50以下の学校を目指す子への接し方」で質問に答えていただき、ありがとうございました。

「子供が重視したいことは何なのか?」という先生の回答に納得し、私も偏差値を意識していることに気づかされました。

子供と何を重視したいのかを考えて、「だからこの中学に行きたいんだ!」と前向きにとらえることができました。

 

2学期が始まって、学校と塾の生活を新たな気持ちで迎えられると思っていたのですが……、順調だった塾通いも、1週間後には体調不良で早退しました。

ついには「もう塾には行けない、塾のことを考えるとお腹が痛くなる」と言い出し、塾を休むようになってしまいました。

家庭学習にも向き合えなくなっていて「もうどうしたらいいのかわからない」と泣き出してしまいました。

 

子供に何かあったのか聞いてみたところ、受験する友達に「高みを目指さないと伸びない」と言われたり、「塾の先生がハッパばかりかけてくる」とのことでした。

周囲の言葉を素直に受け止めて、落ち込んで苦しくなってしまったようです

 

塾の先生からは「本調子になるまではオンライン授業でもいい」と言われましたが、「後期は対面授業を受ける」と子供自身が決意していたので、その気持ちになれないようです。

本人が勉強に向かえないなら、しばらく受験勉強を休むしかないのですが……、もう6年後期です

まだ子供は結論を出せずにいます。受験を辞めることも考えたほうがいいのでしょうか

先生、アドバイスをいただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

急がば回れ母さん、いつもご質問ありがとうございます。

そうですね、「だからこの中学に行きたいんだ!」というくらいの学校があるのなら、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱