学習 連載 合否を分ける中学受験「社会」の学び方

合否を分ける中学受験「社会」の学び方(9)|時代ごとのイメージを持つ

専門家・プロ
2016年2月08日 馬屋原吉博

こんにちは。中学受験専門の個別指導教室「SS-1」教務主任の馬屋原です。

第6回で、歴史のテストで点が取れるようになるための第一歩は「時代名」を覚えてしまうことだ、というお話をさせていただきました。

さて、次のステップです。

時代名を覚えたら、次はそれぞれの時代の「イメージ」をつくっていきます。

ひとつの目安として、それぞれの時代名につき、写真を1枚、人物名を1人、結びつけていくのがおススメです。

イメージを持つことが大事。「奈良時代」と言えば!?

「奈良時代」を例にあげて考えてみます。

奈良時代に関連するキーワードはいくらでもあります。

元明天皇、聖武天皇、行基、鑑真、山上憶良、阿倍仲麻呂、平城京、三世一身法、墾田永年私財法、遣唐使、古事記、日本書紀、万葉集、風土記、天平文化、国分寺、国分尼寺、東大寺、正倉院、唐招提寺……

ざっとこんなところでしょうか。

塾に通っていれば、たった一週間で上記の言葉を覚えきることが要求されます。

奈良時代は約84年間の短い時代ですが、それでもなかなか大変ですね……。

すぐに頭が爆発しそうです。

「奈良時代と言えば!?」と聞かれて、頭の中に「東大寺の大仏」の写真が浮かび、すぐに「聖武天皇!」と言える状態をつくることが先です。

最初に時代名を覚えて「引き出し」を作り、そのうえで、たくさんあるキーワードをひとつずつ「引き出し」にしまっていくのが理想的な歴史の学び方です。

最終的には……

最終的に、特に難関校を受験する受験生には、

「奈良時代と言えば?」と聞かれたら、

「遣唐使によって唐の影響を強く受けた時代」
「飛鳥時代の後半に確立した律令体制が早くも崩れ出した時代」

と答えられるレベルを要求します。

「仏教!」「貴族!」

と反応できるだけでも上出来です。

そのための準備として、最初に「大仏」と「聖武天皇」を覚えておくわけです。

最初に覚える時代と写真は、できるだけその時代を象徴するものが良いでしょう。

平安時代は貴族の時代ですから、「十二単」と「藤原道長」、室町時代のテーマのひとつは武家の文化と公家の文化の融合ですから、それらを象徴する「金閣」と「足利義満」などを選びます。

毎週の宿題をやる前に、一瞬「○○時代と言えば!?」という時間をとるだけで、テストの範囲が広くなってきたときの対応力が大きく変わります。

次回は、歴史学習の鬼門(?)、「年号」について考えてみたいと思います。

またお越しいただければ嬉しく思います。

※この記事は「マイナビ家庭教師」Webサイトに掲載されたコラムを再編集のうえ転載したものです


■合否を分ける中学受験「社会」の学び方 バックナンバー

※記事の内容は執筆時点のものです

馬屋原吉博
この記事の著者
馬屋原吉博 専門家・プロ

中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1副代表・社会科教務主任
中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員

うまやはら よしひろ大手予備校・進学塾で、大学受験・高校受験・中学受験の指導経験を積み、現在は完全1対1・常時保護者の見学可、という環境で中学受験指導に専念している。必死に覚えた膨大な知識で混乱している生徒の頭の中を整理し、テストで使える状態にする指導が好評。バラバラだった知識同士がつながりを持ち始め、みるみる立体的になっていく授業は、生徒はもちろん、保護者も楽しめると絶大な支持を得ている。著書に『頭がよくなる 謎解き 社会ドリル』(かんき出版)、『CD2枚で古代から現代まで 聞くだけで一気にわかる日本史』(アスコム社)、『中学受験 見るだけでわかる社会のツボ』(青春出版社)などがある。

中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1 https://www.ss-1.net/