連載 合格する子どもの伸ばし方

「コツコツタイプ」の子への関わり方|本物の力を育てる「合格する子どもの伸ばし方」

専門家・プロ
2019年9月13日 松本亘正

子どものタイプによって、親の関わり方や言葉のかけ方を変えたほうがぐんと伸びる。子どもは、大きく4つのタイプに分けることができる ―― 中学受験専門塾 ジーニアス代表、松本亘正氏の著書『合格する子どものすごい伸ばし方』から、わが子のタイプを知り、子どもの力を伸ばす方法を紹介します。

子どもには4タイプあり、そのタイプによって関わり方を変えたほうが、ぐんと伸びる子になります。今回は「コツコツタイプ」の子のシーン別の関わり方を、「NG」「OK」に分けて紹介します。

子どものタイプは、次のページからチェックできます。

【あなたの子どもは何タイプ?】チェックリストで子どものタイプを確認しよう

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン1 点数がとれなかったとき

N G
点数が取れなかったとき、「努力が足りていなかったから」と諭す

これが続くと、本番に弱い子になっていってしまう 

このケースは、女の子とおかあさんとの間で多くみられます。子ども自身が落ち込んでいるのに、親の言葉でさらに落ち込む……という負の連鎖を生むので注意が必要です。

O K
点数が取れなかったとき、「努力すれば、結果はついてくるから」と言葉をかける

失敗しても自信を失わず、自己肯定感が高くなる 

子どもが気にしてしまう分、親がどっしりかまえていたほうがいいでしょう。

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン2 結果が出なかったとき

N G
結果が出なかったときに、親が「自分で課題を見つけなさい」と言う

子どもは自信を失い、諦めてしまうようになる 

この言い方では、自主性を身につけさせようと思って言ったことでも、否定された気持ちだけが残ってしまいます。

O K
結果が出なかったときに、親がひとつか2つの原因だけを伝えてあげる

やるべきことがわかるため、子どもは取り組みやすくなる 

親御さんが一緒にテストを振り返ってあげると心強いですね。このタイプの子はいろいろと抱え込んでしまいがちな分、指摘することを絞ったほうが、必要以上に悩まなくてすみます。

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン3 伸び悩んでいるとき

N G
伸び悩んでいるときに「ほかの子はもっとがんばっているのに」という言葉がけをする

精神的につらくなっていき、余計に問題が解けなくなっていく 

この状態が続くと、どこかで勉強を放り出してしまうことも……。

O K
伸び悩んでいるときは、外に出て気分転換させる

うまくいかないことは続いてしまいがち。意識的にとめることで、悪い流れを断ち切れる! 

このタイプはまじめすぎるため、勉強すればするほど悪化してしまうこともあります。心のゆとりをもたせるように、休ませるアドバイスも必要です。「今日は勉強しなくていいからゆっくり休んだり好きなことをしなさい」とアドバイスするのもいいでしょう。

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン4 問題集や習い事をさせるとき

N G
複数の問題集、複数の習い事に取り組ませる

頭がパンクして、どれも中途半端にしか身につかない 

子どもは言われたとおりにまじめに取り組むものの、どんどんつらくなっていきます。

O K
問題集も習い事も、子ども自身にひとつ選ばせる

「あれもできていない、これもできていない」という状況がなくなり、着実にひとつの特技が伸びる 

問題集は1冊買って、まず仕上げさせます。習い事は、2つまで選ばせます。ひとつをはじめて、ペースをつかめるようになってきたら2つめを考えるぐらいでいいでしょう。このタイプはコツコツひとつのことを身につけるのが向いているため、取り組むことを絞って伸ばすのがおすすめです。

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン5 塾を選ぶとき

N G
よかれと思ってあちこちの塾に通わせる

子どもは混乱するうえ、学力も上がらない 

こっちの宿題、あっちの宿題も……となって、だんだんこなせなくなっていきます。塾によって解き方が違うことで、子どもが混乱してしまうことも……。

O K
合う塾をじっくりひとつ探して、着実に力をつける

じっくり着実に、学力がついていく 

問題集や習い事と同様、一度に複数の塾に通わせるのは向いていません。ひとつに絞りましょう。

「コツコツタイプ」の子への関わり方

シーン6 塾のレベルで悩んだとき

N G
とても優秀な子が集まる塾に通わせる

劣等感ばかりふくらんで、塾嫌い、勉強嫌いになってしまう 

転塾したくないという場合は、レベルを落としたクラスに移してもらうのもひとつの手です。

O K
子どもが上位にいられる塾のクラスに入れる

自信がついて、努力を続けられる! 

あえてレベルが高くない模試を受けさせたり、比較的簡単な問題集を解かせて「全体の中では、できるほうなんだ!」と思う経験をさせると◎。漢字テストでも計算テストでも、満点を取れたらどんどんほめてあげましょう。

「コツコツタイプ」の子には、プロセスをほめる関わり方を

「コツコツタイプ」の子は、こと細かに口出しされるとプレッシャーになるため、「あなたの努力は見ていますよ」というあたたかい目とほめる声がけで見守るのがいいでしょう。注意されたり叱られることに、傷つきやすいタイプでもあります。コツコツ取り組むプロセスを認めてあげたいですね。

「コツコツタイプ」の子の力がぐんと伸びる言葉がけを、以下の記事で紹介しています。

イラスト hashigo(silas consulting)


これまでの記事一覧

※記事の内容は執筆時点のものです

この記事の著者
松本亘正 専門家・プロ

まつもとひろまさ|中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表|ラ・サール中学高校を卒業後、慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校。現在は東中野・自由が丘・日吉・芝浦港南など、6校を展開している。「伸びない子はひとりもいない」をモットーに、少人数制で家族のように一人ひとりに寄り添う指導を徹底、毎年超難関校に合格者を輩出している。生徒は口コミと紹介だけで9割を超える。これまでののべ指導人数は2200名以上。第一志望校への合格率は一般的に25%といわれるなか、ジーニアスは約60%超の第一志望校合格率を誇る。中学受験だけでなく、高・大受験時、就職試験時、社会人になっても活きる勉強の仕方や考える力の育成などに、多くの支持が集まっている。

合わせて読みたい