学習 連載 イメージで覚える中学受験歴史

古墳時代 ―― イメージで覚える中学受験歴史

専門家・プロ
2020年3月05日 吉崎 正明

「難しくて苦手」という受験生が多いのが歴史。でも、時代をイメージで理解すれば歴史の理解はグンと進みます。この連載では、時代ごとの特徴的な出来事を中心に、歴史をわかりやすく解説します

【古墳時代】古墳は「権力者のお墓」

弥生時代の終わりごろになると、大和地方では豪族(王)が集まり、大王(のちの天皇)を中心に大和朝廷がつくられました。大和朝廷の支配が進み、古墳が各地につくられるようになった時代を古墳時代といいます。

古墳の大きさによって、権力の大きさを示した

古墳とは、ただのお墓ではありません。「高く土盛りされた権力者のお墓」が古墳と呼ばれます。古墳の大きさによって、古墳をつくらせた人物の権力の大きさがわかるといわれ、権力者は自らが死ぬ前に古墳をつくる命令を下していたそうです。今ではなかなか考えられないですよね。ちなみに邪馬台国の女王「卑弥呼」の古墳もあるとされていますが、まだ発見されていません。

仁徳(にんとく)天皇の古墳とされる大阪府堺市にある大山(だいせん)古墳は、世界最大級の古墳として知られています。2019年、大山古墳を含む周辺の古墳群が「百舌鳥・古市古墳群」として世界文化遺産に認定されました。「百舌鳥」は「ひゃくしたどり」ではなく「もず」と読みますよ!

古墳の特徴

古墳にはさまざまな形があり、丸形の「円墳」、四角形型の「方墳」、それらを組み合わせた代表的な形である「前方後円墳」などがあります。前方後円墳の形は、ゲームなどに出てくる“扉や宝箱のカギ穴”をイメージするとわかりやすいでしょう。前方後円墳については中学入試でも多く出題されています。

古墳の周りには素焼きの埴輪が置かれ、盗賊から古墳内の副葬品(銅鏡、勾玉、鉄製の武器、馬具、農具など)を守っていたとされています。埴輪は小さいイメージがあるかもしれませんが、なんと1メートルを超える埴輪も多かったようです。古墳にはお宝が多く眠っていますから、盗賊がお宝を盗みに忍び込むんですね。夜に古墳の丘を登ろうとしたときに、1メートル以上の黒くて大きな“人影”が現れたらきっとびっくりしたでしょう。この人影に見えるものこそ、埴輪です。埴輪には古墳に眠るお宝はもちろん、権力者を守る役割もあったのですね。

【大和朝廷】日本の支配だけでなく、朝鮮半島の支配も

古墳時代前後に成立したとされる大和朝廷は、日本列島統一の大きな役割を果たしました。大和朝廷は「氏姓(しせい)制度」というルールによって国を治めていたとされます。氏姓制度は、大王(おおきみ)中心の政治をするために定められた身分に関するルールです。血のつながった一族の集団を「氏(うじ)」、大和朝廷からもらう役職を「姓(かばね)」といいます。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

吉崎 正明
この記事の著者
吉崎 正明 専門家・プロ

現役塾講師。都内中学受験塾で社会・国語を担当。12年間在籍した大手進学塾では中学受験難関選抜ゼミ担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」で優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。指導方針は「正しい学習姿勢で、楽しく成績を伸ばす」。また、社会では「センス不要。イメージを作って考える」授業を実践しており、中学受験ナビでも「イメージで覚える中学受験歴史」を執筆。茨城県行方市出身。