連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

成績が自然と上がる学習環境のつくりかた|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年4月06日 石渡真由美

なかなか勉強を始めようとしない。すぐにゲームをしてしまう。もしかすると、その原因はモノの置き方にあるかもしれません。では、子どもが勉強しやすい環境とは?

子どもの学習意欲は、学習環境に大きく影響する

みなさんが、たまには凝った料理でも作ってみようかなぁと思い立ったとします。その時にキッチン周りに調理器具がぐちゃぐちゃに置かれていたり、調味料や食材がバラバラに保管されていたりして整理整頓されていないと、やる気が失せてしまいませんか。生活空間がきちんと整理されているかどうかは、何かをやろうとするときのモチベーションに大きな影響を与えます。

学習環境についても同じことが言えます。長年、塾講師や家庭教師をしていると、子どもの成績と家庭環境が密接に関連していることに気づかされます。例えば成績優秀で都内の私立トップ中学を目指すご家庭では、リビングも子ども部屋もきちんと整理整頓されていて、モノが乱雑に散らかっているということはありません。一方、成績的に苦しい子の場合、一見おしゃれな外見の自宅でもモノがあふれていたり、問題集や参考書がうまく整理されていなかったりと、整理収納に関して改善の余地があることが多いのです。

頭のいい子の家は、思い立ったときにすぐに勉強できるように工夫されている

では、「子どもの成績が上がる学習環境」とはいったいどのようなものなのでしょうか。私は、以下の3点を挙げたいと思います。

① 思い立ったときにすぐに学習を始められるよう整理整頓されている
② 生活動線に沿って学校や塾の準備が可能な、合理的な家具配置がなされている
③ ゲームやマンガなど、気が散る原因となるモノが極力排除されている

この3点に留意しながら、子ども部屋の環境を整えていきましょう。

整理収納の基本的な流れは「モノの分類」→「モノのグルーピング」→「定位置の決定」です。この流れに従い、まずはモノ(教材)を分類していきます。

モノは大きく分けて次の4つに分類できます。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。