連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

早期教育よりも、発達段階に合わせた学習を意識する|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年7月09日 石渡真由美

近ごろ、低学年のうちから塾に入れる家庭が増えています。しかし、「急ぎすぎ」は禁物です。なぜなら子どもには成長の発達段階があり、早すぎる塾通いはタイミングが悪いというケースもあるからです。

子どもの発達段階4つのステップ

今の中学受験は昔と比べて学習量が増えています。また、年々内容も難しくなっています。高度な内容を多く学ばなければならないのですから、「早いうちから始めた方が有利では?」と考えたくなる気持ちは理解できます。しかし、私は過度な早期教育には反対です。なぜなら子どもには成長の発達段階があり、適切なタイミングで勉強をしなければ、効果が薄いからです。

スイスの心理学者ジャン・ピアジェは、子どもは次の4つの段階を経て発達していくという説を唱えています。

①感覚運動期(0~2歳ごろ)
脳に入った刺激に単純に反応する。

②前操作期(2~7歳ごろ)
ごっこ遊びなどをするようになる。

③具体的操作期(7~11歳ごろ)
数や量の概念が確立し、具体的な事物に対する思考が可能となる。

④形式的操作期(11歳以降)
形式的・抽象的な思考が可能となる。

この発達段階には個人差がある点が重要です。

これはかつての私の教え子の話です。算数に苦手意識を持っている女の子がいました。その子は、小学4年生で習う和差算が苦手でした。和差算の解法に「線分図」というものがあるのですが、形式的・抽象的な思考が必要になるため、発達段階が「形式的操作期」に入るまで、理解するのに苦労します。その子もそうでした。4年生以来、自分は算数が苦手だと思い込んでいたのです。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。