連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中堅校でも記述問題が増加傾向に。記述に強くなるには?|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年11月25日 石渡真由美

記述力がもてはやされるようになるずっと以前から、御三家をはじめとする難関中学の入試では記述問題が出題されていました。しかし、近年は中堅校でも記述問題を出す学校が増えてきています。2021年から始まる大学入学共通テストで、記述問題が出題されることが決まっていますが、そのことが影響していると思われます。では、記述に強くなるには、どんな対策をすればよいのでしょうか?

書くことが苦手な子は、書写から

記述に強くなるには、苦手意識をなくし、とにかく「書くことに慣れる」ことです。ところが「書くこと」そのものに苦手意識を持っている子が少なくありません。そういう子どもは昔からいたでしょうが、近年その数が激増しているように感じます。以前のように学校でも家庭でも、子どもたちに「文章を書かせる」ことをしなくなったことが要因であると考えられます。

そんな子たちににおすすめしたいのが、書写です。書写は手本となる文章をただ書き写すだけでよいため、頭を抱えて、文章をひねり出す必要はありません。そのうえ、たくさんの文章を書き写しているうちに、新しい言葉を覚えたり、言い回しを学んだりと、上手な文章の書き方を学べます。

実は私も小学生の頃、親に命じられて毎日書写をしていました。最初の頃はとても面倒くさかったように記憶しています。ところが続けているうちに、徐々に書くことに抵抗がなくなっていったのです。それだけではありません。同じ言葉や接続詞が続いたりすると、「なんだか気持ちが悪いな……」と感じたりするようになっていきました。また同じ意味を表すにもさまざまな表現があることを知ったりもしました。ただ文章を書き写しているだけなのに、気がつくと多くの言葉を覚え、読みやすい文章が書けるようになります。書写の効果は絶大なのです。「書くこと」が苦手な子は、まずは文章の書き写しからはじめてみることを強くおすすめいたします。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。