学習 連載 イメージで覚える中学受験歴史

江戸時代【8】江戸幕府から新政府へ ―― イメージで覚える中学受験歴史

専門家・プロ
2021年10月12日 吉崎 正明

外国人を追放すべきだという「攘夷論(じょういろん)」、政治を幕府に任せず天皇に任せるべきだという「尊王論(そんのうろん)」は、幕府を倒すべきだという「倒幕論(とうばくろん)」という考えに発展しました。そして、すでに日本の中心になりつつあった薩摩藩と長州藩の間で同盟が結ばれ、倒幕に向けた勢いが加速していったのです。

薩長同盟

みなさんは、坂本竜馬(りょうま)という人物を聞いたことはありませんか? 土佐藩出身の坂本竜馬は、薩摩藩と長州藩の間に入り、1866年に薩長同盟(さっちょうどうめい)を成立させた人物です。

ちなみに「薩摩藩と長州藩が同盟を結んだ」とだけ聞くと、何となく簡単なことに感じてしまうかもしれません。たしかに「幕府を倒そう」という共通の目的を持ったふたつの藩が合わさるのは自然なことに思えますよね。

しかし、この薩摩藩と長州藩。実はお互いの意地やプライドが邪魔をして非常に仲が悪く、もともと同盟なんて結べるような関係ではなかったのです。両藩ともイギリスとは手を組んでいましたが、それぞれの藩だけで見ると決して強くはありません。これでは幕府には勝てず、倒幕なんて夢のまた夢 ――。

しかしこのとき、この状況を冷静に見つめていた人物がいました。そう、それが坂本竜馬です。彼は「新しい日本をつくるには、みんながひとつにならなければいけない」と考え、薩摩藩の西郷隆盛(さいごうたかもり)と、長州藩の木戸孝允(きどたかよし)に対し、「意地なんて張らず、“共通の目的”のために協力しましょうよ」と歩み寄りました。この竜馬の行動が、のちの薩長同盟成立につながります。もちろん、竜馬が薩長を結びつけた“共通の目的”とは、幕府を倒すこと、つまり「倒幕」でした。

ちなみに坂本竜馬の漢字は、「竜馬」でも「龍馬」でもどちらでも正解です。彼が生きていたころは旧字体の「龍」という漢字しかなく、「竜」はその後、常用漢字として新しくつくられたものです。「歴史上の人物は本人が使っていた漢字で名前を書く」のが一般的には良しとされているため、もしもこだわりがある場合は「龍」、漢字ミスを防ぎ、とにかく1秒でも早く書きたい場合には「竜」と書くと良いでしょう。

坂本竜馬は戦争に反対だった

薩長同盟の目的は、幕府を倒すこと。そして同盟のパイプ役を担っていたのが、土佐藩の坂本竜馬です。しかし竜馬は、実は幕府と戦うことを望んでいませんでした。なぜなら、鎖国の影響で日本は他国より産業が遅れていたため、まずは「産業の発展を優先して進めなければ!」と考えていたからです。

こうしたとき、「薩長vs幕府」の戦争が起きてしまったら、どうなると思いますか? おそらく日本中が大パニックになって、産業の発展どころではなく、日本は外国からますます遅れていってしまうでしょう。だから竜馬は、戦争に反対していたのです。

薩長は「チャンスをものにしたい」と考えていた

竜馬は「戦争反対派」でしたが、一方の薩摩藩・長州藩は「幕府に勝って、日本の“中心”として全国に認めてもらいたい!」という思いを持っていました。つまり、幕府を倒したという実績がなければ、「日本でヒーローとして認めてもらえない」と考えていたのです。戦争が起こらなければ薩長同盟としては幕府を倒すことはできませんよね。

そこで両藩は「倒幕の密勅(みっちょく)を出してくれませんか」と天皇にお願いをします。倒幕の密勅とは、朝廷から薩長に出された「幕府倒幕の命令」とイメージすればOKです。これによって両藩の思惑通り、幕府との戦争が決定したのです。

ではこのとき、「戦争反対」を掲げる坂本竜馬はどう考えていたと思いますか? きっと、「このままだと戦争が起きて、日本の産業は止まってしまう。これはまずいことになるな……」と考えていたはずです。そして竜馬は、戦争を起こさずに済む「ある方法」を考えました。

大政奉還

大政奉還は、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)が1867年におこなった政策です。この政策によって、幕府が握っていた政権が朝廷に返されました。

慶喜は江戸幕府の最後の将軍ですが、大政奉還は慶喜が考えた案ではありません。実は、坂本竜馬が考えたアイデアでした。竜馬は土佐藩の山内豊信(とよしげ)を通じて、慶喜に対して「慶喜さん、戦争はダメです。戦争で財産を失わずに自分から政権を返せば、あなたはもちろん、全国の大名も新しい政府で良い役職につけるはずですよ」と説得していたのです。この竜馬の提案もあり、慶喜から大政奉還が出されたのでした。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

吉崎 正明
この記事の著者
吉崎 正明 専門家・プロ

現役塾講師。都内中学受験塾で社会・国語を担当。12年間在籍した大手進学塾では中学受験難関選抜ゼミ担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」で優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。指導方針は「正しい学習姿勢で、楽しく成績を伸ばす」。また、社会では「センス不要。イメージを作って考える」授業を実践しており、中学受験ナビでも「イメージで覚える中学受験歴史」を執筆。茨城県行方市出身。