中学受験ノウハウ 連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

偏差値はぶっちゃけ上がるの? 偏差値に関する悩み&ありがちな勘違い|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2022年4月21日 石渡真由美

模試の結果のたびに気になってしまうのが、偏差値です。親も子も、その値を見て一喜一憂しがちですが、偏差値がどういうものなのか、今一度確認したいところです。

偏差値は、試験の平均点を基準に自分が今どの位置にいるかを知るもの

「前回の模試よりも偏差値が下がってしまった」
「前回の模試よりも点が取れたのに、偏差値が下がった」
「偏差値の推移が凸凹している……。大丈夫だろうか」

このように、子どもの模試の結果が戻って来ると、まず目が行ってしまうのが偏差値でしょう。ところが、この偏差値のことをよくわかっていらっしゃらない親御さんが少なくありません。偏差値とは、テストを受けた集団の中で、自分がどれくらいの位置にいるかを表す数値です。模擬試験の平均点を偏差値50とし、平均点からどれくらい高い(または低い)点だったかを見て、その時点の受験生のポジションを相対的に把握します。

よく「前回の模試よりも点が取れたのに、偏差値が下がってしまって……、どうしてでしょうか?」という質問を受けますが、得点が良ければ偏差値が上がるというわけではありません。

たとえば、国語のテストで80点が取れたとしても、平均点が80点であれば偏差値は50です。逆にテストで50点しか取れなくても、平均点が40点なら、偏差値は上がります。ただ、実際はそこまで極端な平均点のブレは出ません。どの模試も平均点が60点くらいになるように、基本問題と応用問題のバランスを考えて作問をしているからです。

また、偏差値はその模試を受ける母集団によって数値が変わります。中学受験では難関校を狙う子が集まるサピックス模試、上位校・中堅校をボリュームゾーンとする四谷大塚模試、中堅下位校までカバーしている首都圏模試と主に3つの模試があり、それぞれの模試の偏差値は10ポイントほど異なります。

成績層で偏差値UPの難度は異る

偏差値が下がると不安に駆られますが、多くの受験生にとって5ポイント程度の昇降はよくあることです。というのも「苦手な単元が出た」「習い事の練習が続いて、そのときは疲れていた」など、模試の出題範囲、コンディションによって、その時の模試の出来も変わるからです。逆のパターンで、「たまたま得意だった単元が出た」というケースもあります。ですから1回、1回の模試の偏差値の動きに過敏に反応しないことです。

同じ模試を受けていると、偏差値の推移がグラフで可視化されますが、そのグラフを見る際は、1回1回の変化に着目するよりも、俯瞰した見方をされることをおすすめします。ポイントは「全体的に、なんとなく右肩上がりになっているか」です。多少グラフに凸凹があったとしても、全体的に右肩に上がっているなら、心配はいりません。

もし右肩下がりの期間があったとしても、偏差値66→64→61のように3ポイント以内の幅の下降であれば、許容範囲といえます。ただし、5ポイント超えの下降を続けているようでしたら、その際は勉強のやり方を見直す必要があるといえるでしょう。

では、偏差値はどれくらい上げられるのでしょうか?

「どんな子も、とにかく頑張れば偏差値は上がる」といったシンプルな話ならいいのですが、実際はそうではありません。偏差値を上げる難しさは、成績層によって異なります。

とりわけ上位層(偏差値60~70)の子は、もともと地頭もよく、努力を惜しまない子が揃っていますから、同じカリキュラムで進む限り、平行線になりがちです。偏差値の上昇が起こりにくいのがこの層です。ですが大前提として、その偏差値を維持しているだけでも立派なことなのだと、理解してほしいと思います。

中位層(偏差値45~55)であれば、正答率が高いのに解けなかった問題を復習し、苦手科目の学習を強化すれば、5ポイント~10ポイントほど上げるのも夢ではありません。しかし、残念なことに(模試によっても異なりますが)、偏差値60の壁というのが存在します。偏差値60以上の生徒というのは上述の通り、もともと地頭が良い生徒や努力することをいとわない生徒、勉強が好きな生徒などがひしめき合っています。そこに食い込んでいくことは相当に難しいはずで、「頑張っているのになかなか偏差値60の壁を打ち破れない」ということはよく起こりえます。

下位層(偏差値45以下)の場合は、勉強に対してまだ本腰を入れていない、習い事を整理しきれていない、学習習慣が身に付いていないなどの理由が考えられますので、その点を改善できれば、偏差値を大幅に上げられる可能性は十分にあります。このように成績層によって偏差値UPの難度が異なります。

偏差値が伸び悩んでも、過去問の相性が良ければ望みあり

では、偏差値が上がらない状態だと、志望校は諦めるしかないのかというと、一概にそうも言えません。たしかに、あまりにもかけ離れている学校、偏差値でいうところの20ポイントも上の学校に挑戦するのはかなり厳しいと思いますが、模試はあくまでも模試です。志望校の入学試験ではありません。

模試は多くの受験生が受けるため、奇問や記述問題は多くありません、応用問題はありますが、オーソドックスな問題が中心です。一方、本番の入学試験には各学校の特色が反映されます。上位難関校の入試は記述式問題の配分が多く、奇問が出題されることもあります。ですから、模試の結果「だけ」では合格不合格を判断できないのです。

模試では偏差値が届いていなくても、過去問で得点が取れる、すなわち過去問との相性がよいなら、合格の望みはあります。あくまでも個人的な見解ですが、偏差値10ポイントくらいなら、過去問のやり込みで合格を狙えると思います。私立中学の入試説明会に参加すると多くの学校で「過去問をやりこんでおいてください」と言われます。過去問の使い方によっては逆転合格も決して夢ではないのです。

また、中学入試の合否は4教科の総合点で決まります。どんな子も科目による凸凹があるものです。当前ですがこうした凸凹を埋められれば、合格の可能性は高まります。特に最近は理科・社会の点差が広がりやすくなっています。これらの教科を得意にしておくと、アドバンテージになりますので、手を抜かないようにしましょう。

毎回の模試の結果と偏差値は親子にとって気になるものですが、目指すは志望校からの合格です。1回、1回の模試の偏差値で一喜一憂せず、全体を見る目を持つようにしましょう。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。