中学受験ノウハウ 連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

家庭学習で集中モードをどうつくる? 学習スケジュールの立て方や、休み方を考える|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2022年5月12日 石渡真由美

受験生なんだし、勉強にもっと集中して臨んでくれたら……。お子さんの家庭学習に頭を悩ませている親御さんは多いことでしょう。もしかするとその悩みの原因は、学習スケジュールの立て方や、休み方にあるかもしれません。

勉強以外の時間も1週間のスケジュールに入れる

子どもが長い時間机に向かって勉強している様子をみると、「勉強、頑張っているな」と思う親御さんは少なくないでしょう。ただ、闇雲に時間をかけて勉強すれば、それで成績が上がるという話でもありません。ダラダラと問題を解いていたり、気持ちが上の空で集中できていなかったりするのは、よくある話です。大人でさえ長時間机の前に座って集中できるわけではないのですから、小学生の子どもとなれば、尚更でしょう。

もちろん受験勉強に、勉強時間と量はある程度は必要ですが、それだけでなく「質」が極めて大事です。そして勉強の質を高め、集中するには、学習スケジュールを立てておくことが肝心です。

私がおすすめしているのは、1週間分のスケジュールを立てることです。その際は塾の予定だけでなく、学校や習い事なども含めて曜日ごとに予定を書き出すことをすすめています。また、予定を立てる際は、子どもの遊ぶ時間、たとえば観たいテレビの時間や、休憩する時間なども、できるだけ書き出すようにお伝えしています。そうすることで、「1日(1週間)のうちに、どのくらいの空き時間があるか」が見えてくるからです。そうやって浮き彫りにした空き時間に合わせたり、あるいはその他の予定を調整したりして、やるべき勉強を考えていきます。

ただし、とにかく空き時間を勉強時間にあてればよいのかというと、そうではありません。

詰め込み過ぎは、かえって非効率になりかねない

塾では、中学受験の核となる学習を小4から小6までの3年間で学びます。学年が上がるごとに通塾日も学習量も増え、純粋な空き時間年々は少なくなってきます。したがって、学年ごとに学習スケジュールの立て方も異なるのです。

受験学年の6年生であれば、週間スケジュールも勉強時間を優先に組み立てざるを得ない面がありますが、4年生のうちはまだそこまで根つめる必要はありません。学習時間を詰め込んで、お子さんが意欲的に勉強できるのであればよいですが、多くの子の場合、詰め込み過ぎると消化不良を起こしますし、息切れしてしまいます。4年生であれば塾の勉強や、それに直接関係する学習時間を闇雲に詰め込むのではなく、むしろ「体験する時間」を確保しておきたいところです。

たとえば、体を動かす時間、遊びや娯楽の時間、博物館に親子で出かける時間、読書時間といった時間が意外と大事です。こうした体験の時間が、受験勉強をする際の基礎的な体力を育みますし、思考するための経験・知識の土台になります。一見すると遠回りのように思えるかもしれませんが、こうした時間の有無が侮れないのです。なぜなら、自分の体験で見聞きしたことと、塾の学習とが結びつくことで学習効率が上がるからです。

ちなみに6年生の場合は、塾があると帰宅も遅くなりがちで、宿題対応や復習をするだけで精一杯……などということに陥りがちですが、ここで睡眠時間を削って、無理に勉強時間を確保するのは、おすすめできません。睡眠不足は集中力の低下、勉強の質の低下につながるリスクがあります。

受験学年の6年生に限ったことではありませんが、睡眠時間の確保は最優先と言えます。6年生であったとしても、たとえば「宿題は翌日にする」などとして、割り切って早く就寝する。このようにきちんと休むことや、メリハリをつけることの大切さを説き、そのための習慣をつけることも大事です。

たとえば月・水・土曜と塾があるなら、その翌日の火・木・日曜に「宿題をやる時間」を設けます。そして金曜日は「予備日(あるいは予備時間)」として、やりきれなかった宿題をやったり、苦手教科の強化に当てたり、模試の解き直しをしたりする日にするイメージです。

空き時間があると、つい予定を詰め込みたくなりますが、詰め込み過ぎることでかえって非効率になるリスクがあります。学年に応じて、メリハリを意識した週間スケジュールを立てることが肝心です。また、予定通りにいかないことは当然ありえますから、柔軟に調整できるよう予備日や、予備時間を設定することも、家庭学習で集中モードをつくるためのひとつの方法でしょう。

計画は親子で立てる

1週間のスケジュールを立てる際に、具体的に何をやるかは、親子で話し合って決めることをおすすめします。

もちろん、全く予定を立てたことがない子が、ある日突然自分で計画を立てられるようにはならないですから、はじめのうちは親御さんがリードせざるを得ない面があります。しかしその際も、親御さんが何から何まで一方的に決めて押し付けるのではなく、子どもと対話しながら計画を立てることです。

一方的に押し付けた計画で、しかも予定通りにできない状態に陥ると、勉強をやらされている感が出ます。そうなると勉強に対して、集中力もモチベーションもなかなか上がりません。その結果、子どもも親御さんもイライラすることになりかねないわけです。この状態がズルズルと続くと、集中モードとは程遠い状態になってしまいます。

ですから計画を立てる際は、「この日(曜日)は何の勉強をしようか?」「何をやっておきたい?」といったように、子どもと話しながら計画し、「この計画は自分も同意して決めたこと」という当事者意識を徐々に育むことが大切です。

もちろん、計画に対する当事者意識も、突然芽生えるものではありません。親御さんからの働きかけが必要で、場合によってはこのあと述べるようなルールを設けたりすることも必要でしょう。辛抱強く見守る必要があるのです。

たとえば「夕飯前の時間に宿題を終わらせる」というルール

予定の詰め込み過ぎにはリスクがありますが、私は一日のうちで夕飯前の時間は集中モードの時間として、活用できるのではないかと思います。

また、親御さんが、お子さんが集中して学習に取り組むように刺激を与えたり、ルールを設けたりすることも、ケース・バイ・ケースで必要だと思っています。

たとえば、「塾のない日は夕飯前に宿題を必ず終わらせる」といったルールはいかがでしょう。これは実際に私が子どもの頃にわが家にあったルールで、「宿題を終わらせなければ、夕飯にならないよ」といったルールでした。ともするとマイナスの感情を持たれるルールかもしれませんが、このルールから考えられるプラスの面が2つあります。

ひとつは、「ご飯を食べるために頑張る!」という子どもにとって、とてもわかりやすい目的が置かれることです。いわば目先の目的ではありますが、子どもにはこうしたわかりやすい目的があるほうが、集中力を発揮できる場合があるということです。

もうひとつは、ある種の“ひもじさ”を体験することで、「ハングリー精神」を喚起できる点です。

集中モードの話から若干話が逸れるように感じられるかもしれませんが、「ハングリー精神」と集中力は、無関係ではありません。

私は長年、中学受験の指導をしていますが、今の小学生たちは周囲からとても大切に育てられ過ぎていて、「ハングリーさが無さ過ぎるな……」と感じることがあります。

ハングリー精神は、「今ある状況をなんとかしたい」という気持ちと通ずるものです。しかし、今の時代は衣食も情報もなんでも揃っていて、精神的にひもじい経験がしづらく、ハングリー精神は芽生えにくいと言えるのではないでしょうか。

受験勉強は挑戦とも言えますから、「今よりもできるようになりたい。そのために、あともうちょっと頑張ろう」という気持ち、ハングリーさが不可欠です。「宿題を終わらせなければご飯が出てこないぞ……」というのは、そういった精神を喚起させるための手法のひとつの例です。

この手のルールを批判的に捉える親御さんもいるかもしれませんが、私自身の話をしますと、このやり方にある程度の納得をしていましたし、夕飯までにタイムアタック的に集中して宿題に取り組むことにもつながりました。物や情報が溢れている今の時代だからこそ、こうしたルールから応用できることがあるように思うのです。

お子さんが集中を発揮するために、ハングリーさ喚起させるアプローチは、ご家庭によってさまざまあるはずです。お子さんとともに立てた学習計画が上手くいかなかったり、お子さんがイマイチ勉強に集中できていない様子であれば、学習計画を見直すとともに、ルールを設けることをおすすめします。

ちなみに、夕食に関しては、もうひとつ加えておきたいことがあります。よく「食事中はテレビを消しなさい!」とおっしゃる親御さんがいますが、私は食事中にテレビを観るのはアリだと考えています。食事中にふさわしくない内容の番組はもちろん論外ですけれども……、ニュースやクイズ番組などは親子で会話するのにもってこいですし、食事をしながら世の中のことや雑学を知れて、むしろ効率がよいと思うのです。それになにより、「テレビの時間」という保護者が一番削りたい時間を、食事の時間と同時に取ることができるのです。少しでも勉強以外の時間を削りたい受験生にとっては、いい作戦だと思いますがいかがでしょう。

集中するための、オフ日

中学受験をすると決めたなら、日々の学習は欠かせません。もし上位校を目指すのであれば、さらに覚悟が必要でしょう。ですが、私は上位校を目指す場合であっても月に1日くらいは勉強をしなくてもいい「完全オフ日」を作ってよいと思います。その日は受験のことを忘れて、思いっきり遊んでもOKとするのです。

ただし「オフ日を、いつに設定するか」はよく考えてから決めるべきです。多くの塾では1年間のスケジュールがあらかじめ設定されていますから、親子でそれを見ながら「この日は塾も模試などのイベントもないし、オフ日にしてみようか」などとしたほうがよいでしょう。

休む際の良くない例だと、たとえば、「この日は会社が休みだし、子どもも気分転換が必要だし、旅行に連れて行こう」と、親御さんがご自身の都合に併せて、子どもの塾を休ませることがありますが、それはおすすめできません。塾がある日に休んでしまうと新しい単元を習い損ねて、それがかえって後々の子どもの負担になりかねないからです。リフレッシュを目的とした家族旅行は、親御さんが子どもの塾の予定を加味して計画してほしいと思います。

最後に、中学受験の準備期間は長く、そのサポートをする親御さんにも負荷がかかります。わが子のためにと頑張ってしまう親御さんが少なくありませんが、親御さんにも休息日が必要だということをお伝えします。中学受験は親御さんがストレスを溜め続けると、その矛先を子ども向けてしまいがちです。ですからそうならないためにも、親御さん自身も月1回くらいはお子さんの受験のことを忘れ、心身リフレッシュできる日を設けておきましょう。スポーツや趣味、習い事に没頭したり、エステに行ったりと、親御さんも適度に休息しましょう。中学受験の勉強で集中モードを作るには、ストレスと疲れを溜め過ぎないよう、親子ともに上手に休むことも大切なのです。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。