学習 連載 中学受験のツボ[算数編]

【小6算数/全般】もったいない失点対策「反省ノート」のすすめ|中学受験のツボ[算数編]

専門家・プロ
2022年7月19日 杉本啓太

保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 算数編 杉本啓太先生有賀隆夫先生が担当します。
- 算数以外の3教科はこちら -

国語理科社会

今回は、前回お伝えしたミスなどによるもったいない失点」(以降「取りこぼし」と表現)について、具体的な対策方法ご紹介します。

ぜひ、お子さんと一緒に取り組んでもらえたらと思います。

「反省ノート」の作成のすすめ

前回は、「メンタル面が原因の取りこぼし」を改善していく手順について、以下のようにお話ししました。

  1. 一つひとつの失敗の原因を考え、問題を思い出せる程度に抽象化する
    (例:問題文の「正方形」という条件を見逃した⇒問題文を読まず図形だけしか見ていなかった、など)
  2. 具体例とともに定期的に思い出し、忘れないようにする
  3. 演習を積み、「解いている途中に過去の失敗を思い出す」「正しいやり方で問題を解く」ことを習慣化する

この「1」の 失敗の抽象化の具体的な方法として、私はお子さんとご家庭に、以下のような「反省ノート」の作成をおすすめしています。

※画像をクリックで拡大できます

毎回テスト直しのあとに、注意ポイントと、実際の問題や間違えた内容(図やグラフも可)を書き加えていきます。

反省ノートは、きれいにカテゴリー分けはしなくても大丈夫です。典型題の解法忘れなどがあれば、それも記載しても良いでしょう。

この反省ノートは、解き直しをするノートではありませんので、間違えた問題や解き直しを全て記載するのではなく、上の画像のようにポイントだけにしぼります。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

杉本啓太
この記事の著者
杉本啓太 専門家・プロ

学び処あぶどぅる代表。灘中学・灘高校から東京大学理科二類進学、同大学農学部卒業。大学時代は社会教育団体にて子どもの教育支援に携わりつつ、家庭教師・塾講師としても活動。卒業後は外資・日系コンサルティングファームに勤務しながら、土日は家庭教師としての活動を継続。その後プロ家庭教師として独立。学科指導だけでなく、学習の計画策定・環境作り・生徒の気質や性格面・親御様の関わり方など、ファームでの経験をベースとした抽象的な課題の対策立案・解決を得意とする。「悩みも解決策も子ごとに異なる」という考えのもと具体的で柔軟な指導をおこなっている。