学習 連載 中学受験のツボ[国語編]

【小4国語/国語力アップ】物語文の解き方 ―― 心情に関する問題|中学受験のツボ[国語編]

専門家・プロ
2022年8月07日 松尾吉久

保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 国語編 松尾吉久先生住岡大輔先生が担当します。
- 国語以外の3教科はこちら -

算数理科社会

中学受験の国語で高得点をとるために必要な力は、「読む力」「解く力」「書く力」の3つです。今回は「解く力」についてお伝えしたいと思います。

客観的に問題を解く

国語の問題で安定して高得点をとるために重要なのは「客観的に問題を解く」ことです。「客観的に問題を解く」とは、「自分だったらこう思う」を根拠に問題を解くのではなく「本文の何行目に書いてあるから」という点を根拠に問題を解くことです。これができないと、その答えはただの思い込みになり、問題を解けたり解けなかったり……と、文章とお子さんの相性で正誤が大きく左右されてしまいます。

それでは、「客観的に問題を解く力」を小学4年生のお子さんが身につけるためには、どうすればよいのでしょうか。

まずは、答えやヒントを本文中からさがす。これを徹底することをおすすめします。近年は思考力を求める問題が増加しているとはいえ、やはり国語の答えは本文中にある場合が多いです。

私の担当する小学4年生のクラスでも「何行目に書いてあった?」と確認するようにしています。本文の何行目に書いてあったかを毎回確認することで、子どもたちは客観的に問題を解けるようになっていきます。

また、小学4年生のお子さんが客観的に問題を解く力を身につける題材として、「物語文」をおすすめします。論説文に比べて内容がわかりやすく、また自分の思い込みとの違いを認識しやすいからです。ここでは物語のなかでも特に出題の多い「心情に関する問題」を解く際のポイントについて、お話していきます。

設問に正しく答える

小学4年生で問題を解くときに最初に注意が必要なのが、「設問に正しく答えること」です。当たり前のことに思えますが、どのような問われ方でも設問に正しく答えられるといったお子さんは、あまり多くありません。

どういうことかというと、たとえば、「傍線部1とはどのような反応ですか」という問があるとします。

本文中に、直接的に「~な反応」と書いてあって、しかもその部分がその問題の正解なら、大抵の子どもたちは、抜き出して答えられることが多いです。でも、仮に正解が「大きなどよめきが巻き起こった(反応)」のように、本文には直接的に「反応」と書かれていない場合、子どもたちの解答の正答率は一気に下がってしまいます。

どうしてこういうことが起こるかというと、「どよめきが巻き起こる」という現象が、何かの出来事に対する「人の反応」であると理解できておらず、本文から答えを探せないからです。

ですから、設問に正しく答える意識をつけさせるために、まずはお子さんと一緒に問題文を確認して、設問が求めているもの ―― 上記の例だと「反応」の箇所に線を引いて、そのうえ本文を読み、問題を解いていく経験をつむことが大切です。

登場人物の心情に関する問題

物語文の問題で特に多いのが、登場人物の心情に関する問題です。では、登場人物の心情に関する問題はどのように解いていけば良いのでしょうか。次のような文章と問題を例にして考えてみましょう。

【本文】
「どうも、ありがとうございます」
電話をしているのに、ぼくは深々と頭をさげていた。
そのままゆっくりと顔を上げたら、斜め前にいたアイスクリーム屋と目が合った。漫画家みたいなベレー帽のおじさんが、細めた目でこちらを見ていたのだ。

【問】
傍線部の心情を答えなさい。

上記の本文のように、人の心情は言動で間接的に表現される場合があります。そしてこのとき重要なのは、「原因 → 心情 → 言動」という流れを理解することです。

それぞれの要素ごとに見ていくと、

原因:「どうも、ありがとうございます」と頭をさげた

心情:???(問で問われていること)

言動:細めた目で見ていた

です。

まず、原因から見ましょう。

「どうも、ありがとうございます」という「ぼく」の発言から、何か良いことがあったことがわかります。

言動の「細めた目で」にも注目です。ここで「ぼく」に起こった何か良いことに対して、おじさんがうれしく思っていることがわかります。

この本文だけだと、目を細めることが「うれしく思っているさま」だとわからないかもしれませんが……、実は言葉の意味からも理解ができます。慣用句に「目を細める」という言葉がありますが、この言葉には「うれしく感じて微笑む」という意味があります。

以上のように、本文に書いてあることを「原因 → 心情 → 言動」という流れで読み取ると

「ぼく」に何か良いことがあったと思い、うれしく思っている

という解答が正解だとわかります。

日々の学習にひと手間加えることで、成果が変わってきます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

※記事の内容は執筆時点のものです

松尾吉久
この記事の著者
松尾吉久 専門家・プロ

進学塾MIC代表。駿台池袋校、駿台シンガポール、LEC、MICなどの進学塾で20年間最難関クラスを担当指導。高校受験・中学受験で、開成、灘、首都圏早慶附属校に80名以上の合格者を出した実績を持つ。