中学受験ノウハウ 連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

無意識に口に出てしまう親のネガティブワード、どうしたらいい?|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2022年9月01日 石渡真由美

「なかなか勉強を始めようとしない」「塾に通っているのに、一向に成績が上がらない」「子どもにやる気を感じられない」など、理想の受験生とは遠いわが子を見て、あれこれ言いたくなる親御さんは多いことでしょう。しかし、「親だから何でも言っていい」というわけではありません。親が無意識に言ってしまうネガティブワードが、子どもの自己肯定感を下げたり、やる気を損ねたりすることもあるからです。

「いつも、あなたは○○だから」

塾で中学受験の勉強をするようになると、毎週のように大小さまざまなテストの結果が返ってきます。子どものテストが返ってくると保護者として気になるのが点数です。良い点を取っていれば褒めたり、ねぎらいの言葉をかけたりするのでしょうが、悪い点を取ってきた場合はついつい愚痴をこぼしがちです。

「いつも国語が点を取れないね……。本当に国語が苦手なんだから」、そんな言葉を投げかける親御さんもいます。言っている本人からすれば、少し心の声がこぼれた程度なのかもしれませんが、言われた子どもは複雑な気分になります。親の言葉に影響され、「どうせ私は国語が苦手だもん。頑張っても意味がない」と投げやりになることもあります。

塾に通わせ、日頃から懸命にお子さんの受験サポートをされている親御さんの立場を考えると、「どうにか成績を上げたい」という気持ちはわかります。しかし、大人でもそうですが、自分の欠点を指摘されて、平然としていられる人はそういません。だからといって何も触れなくていいのかといえば、それも違います。伝えるべきことは、伝えた方がいい。しかし伝え方には注意が必要だということなのです。

子どもに何か欠点を伝えたいときは、できるだけ笑顔で、明るいトーンで伝えるように心がけましょう。たとえば、次のような伝え方だったらどうでしょう? 愚痴っぽく伝えたり、ガミガミ言ったりするよりは、お子さんは素直に話を聞けるのではないでしょうか。

「この漢字間違えちゃっているけど、丁寧に書けば丸がもらえたじゃん。惜しい!」

「あちゃ、ここ計算ミスっちゃったんだね。 落ち着いて解けば、満点だったのにー」

言語学者の齋藤孝先生は著書『コミュニケーション力』の中で、「私は教師を仕事にしているが、基本的に心がけているのは常に上機嫌でいるということだ。叱るときでさえも上機嫌である」とおっしゃっています。齋藤先生はテレビに出演されているときも常にニコニコしてらっしゃいますが、とてもソフトな感じで好印象ですよね。

子どもは親が怒った顔をしていたり不機嫌だったりすると、モロにその影響を受けます。「テスト結果を親に見せると、いつも嫌な気分になる」、お子さんがもしそういう気持ちになったら、答案を親に見せなくなったり、ごまかすようになることもあるでしょう。そうなると状況が正確につかめず、丁寧に字を書かせようにも、ミスの原因をつきとめようにも、サポートが困難になってしまします。今のうちに直しておかなければと思うのであれば、子どもに響く伝え方を心がけることが大切なのです。

じゃあ、褒めて伸ばすか?

お子さんをどのような言動で伸ばすかについて、近ごろは「子どもを褒めて伸ばす」子育て論が主流になってきているように感じます。たしかに有効な面はあります。家族や仲間、先生など、他者からの称賛やプラスの評価がモチベーションに繋がることはあります。しかし、私はこの考え方が行き過ぎることを危惧しています。その理由は極めてシンプルで、褒めてばかりでは、人は成長しないからです。そもそも「褒めて伸ばす」という考え方は、ドックトレーニング的な側面がありますよね。犬ならば単純ですから、褒めれば褒めるほど頑張ってくれるかもしれません。しかし人間はもっと複雑な生き物です。褒め続けていれば、やがてそれがマンネリ化して、より大きな報酬を求めるようになるでしょう。

親から褒められてばかりいる子は、親子で一緒にいるときは居心地がいいでしょう。安心安全で快適です。しかし社会に一歩出れば、思うようにいかないことがたくさんあります(塾もそうした社会のひとつかもしれません)。褒めて伸ばす手法一辺倒になると怖いのは、プラスの評価が得られなければ頑張れなくなることです。思うようにいかないことがあると、「できない」「どうしていいのかわからない」などと言って早々に諦めてしまったり、他人のせいにして責任転嫁をはかることもあります。また、挫折したときに起き上がれなくなったり、自分の力で解決しようとする意欲を持てなくなったりします。だから褒めるところは褒めるけれど、伝えておきたいことは伝える。このバランスが大事です。

では、どこどのように褒めるか。たとえば模試の結果が返ってきたときのことを考えます。まずは、全体を見て褒めるところを探してみます。褒めるときのポイントは「点数が上がった」という結果よりも、「努力してきたこと」を認めてあげることです。前回よりも点数が下がっていたとしても、「漢字はと前回よりも丁寧に書けていた」「計算の跡をちゃんと残すようになった」など、その子なりの努力が見られたら、そこは褒めてあげましょう。そのうえで、「ここは大事だから直してほしい」というところを素直に伝えます。欠点が目立ったとしても、それを一度に何個も子どもに伝えるのはおすすめしません。せいぜい2つか3つくらいに絞ります。その際は言い方、伝え方も大事なのは前述した通りです。眉間にしわを寄せて伝えるのではなくできるだけ笑顔で。子どもが素直に聞いてくれそうな雰囲気づくりを忘れないで欲しいと思います。

ネガティブワードが出やすい思考の沼を避けるには

中学受験の目標は志望校に合格することです。合格の裏には不合格もあります。周りとの競争は避けて通れません。これは仕方のないことです。その競争を有利に進めようとすると、情報に敏感にならざるをえなくなります。今はたくさんの情報にあふれています。ただし、そこで目にするのは、サクセスストーリーや危機感を煽るネタが中心です。そうすると自分の子との比較が始まって、できていない点に目がいきます。「なぜうちの子は」とか、「なぜうちの子だけ……」とネガティブな思考に陥ってしまいます。

こうした思考の沼にハマらないためには、意図的に情報を絞る必要があります。「ヨソはヨソ、ウチはウチ」のようにスパッと切り離すことも大事です。

わが子に目を向けましょう。そうすれば、お子さんの頑張りも、成長も見えてくるはずなんです。周囲の子と比較するのではなく、3カ月前のわが子と今のわが子、1カ月前のわが子と今のわが子、昨日のわが子と今日のわが子といったように、過去の子どもと今の子どもの成長に眼差しを向けるんです。すると、「お! 今回は漢字の出来がよかったね。 毎日ドリルを頑張っていたのをちゃんと見ていたよ。この調子で頑張ろう」と、おのずとポジティヴな言葉をかけられるようになります。

それでももし何かと比較したくなったら、親御さん自身が小学生だったときと比べてみてください。こんなにたくさん勉強をしていましたでしょうか? お子さんが今取り組んでいる問題を解いてみるもいいでしょう。こんなに難しい問題が解けていたでしょうか? きっと多くの親御さんが、「えっ? こんな難しい問題に毎日向かっていたの?」と驚くと思います。

親御さんが幼いときから優秀だった場合は別かもしれませんけれども、それでも子どもに気持ちよく、自発的に勉強させたいのならば、私はときに親がバカを演じることも大事だと思います。

「パパ問題見たんだけど、こんなムズい問題が解けるのかー。やるじゃん」とか、「え……、これってどうやって解いたの? お母さんに解き方を教えてくれる?」とか、そんな言葉をかけられるお子さんは嬉しい気持ちになるでしょう。きっと、得意になって教えてくれるに違いありません。

中学受験のための勉強は小学4〜6年の3年間が中心です。長期間、高いモチベーションで頑張るのはとても大変です。だからこそ、いつもそばで見てくれる親御さんのポジティヴな言葉が響くのです。これまで、を振り返って、ついネガティブな言葉を投げてしまいがちだったという親御さんは、意識を変えてみてください。きっと効果が表れると思います。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。YouTubeチャンネル「アテナチャンネル」を運営。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。