学習 連載 中学受験のツボ[国語編]

【小5国語/国語力アップ】随筆の記述 ―― 筆者の主張の見つけ方|中学受験のツボ[国語編]

専門家・プロ
2022年9月15日 松尾吉久

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 国語編 松尾吉久先生、住岡大輔先生、茂山起龍先生が担当します。
- 国語以外の3教科はこちら -

算数理科社会

こんにちは、松尾です。

今回は、中学受験の国語で高得点をとるために必要な、「書く力」についてお伝えします。「書く力」を伸ばすために重要なのは「書くべきことを明確にする」ことです。

随筆でよく出題される、筆者の主張をまとめる記述問題。これを使って、5年生のお子さんの「書く力」を伸ばすポイントについてお話ししていきます。

随筆とは

随筆とは、筆者の経験をもとに、そのときどきで感じたこと・考えたことを、形式にとらわれず自由な形で記した文章のことです。

さまざまなタイプの文章がありますが、大きくは2つに分けられます。

① 筆者自身を主人公とする、物語に近い随筆
② 筆者の意見を、論理展開を意識しながら表現する、説明文に近い随筆

①の「物語に近い随筆」では「出来事と筆者の感想」を、②の「説明文に近い随筆」では「ある事実や体験と筆者の考え」を読みとることが重要です。

そして、筆者の主張をまとめる記述問題で書くべきポイントは、次の2つです。

 ポイント1:出来事・ある事実・体験
 ポイント2:筆者の感想・考え

では、実際に問題の解き方を確認していきましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
松尾吉久
この記事の著者
松尾吉久 専門家・プロ

進学塾MIC代表。駿台池袋校、駿台シンガポール、LEC、MICなどの進学塾で20年間最難関クラスを担当指導。高校受験・中学受験で、開成、灘、首都圏早慶附属校に80名以上の合格者を出した実績を持つ。