学習 連載 中学受験のツボ[国語編]

【小6国語/文章理解】比喩表現を味方につけよう!|中学受験のツボ[国語編]

専門家・プロ
2022年9月22日 住岡大輔

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 国語編 松尾吉久先生、住岡大輔先生、茂山起龍先生が担当します。
- 国語以外の3教科はこちら -

算数理科社会

こんにちは、住岡です。

物語文が得意な子でも苦戦するのが、今回扱う比喩表現です。

一見すると難しいので、どう答えを出したらいいか、子供たちはとても迷います。

時間制限があるとなおさらです。

この比喩表現をクリアできれば、物語文でほかの受験生と大きくリードを広げられるので、お子さんと一緒に克服を目指しましょう。

それではいきましょう!

比喩表現とはどういうものか

まずは、比喩表現とはどういうものかを確認しましょう。

例文1

ユウマくんはこのクラスのリーダーだ。なんでも仕切りたがる。今回はぼくのことをみんなで責めている。ユウマくんは、いつもどおりリーダーになっている。なんでここまで言われないといけないんだろう。ぼくはそんなに悪いことをしたのか?ついに我慢ができなくなり、立ち上がって叫ぶように言った。「みんなで寄ってたかってなんだよ!ぼくのなにが悪いってんだ!」

下線で引いた部分が比喩表現です。

「立ち上がって叫ぶように言った」とは、何を意味しているのでしょうか?

それを読み解くために、確認していきましょう。

動作や様子をイメージする

まずは、比喩表現をイメージしましょう。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
住岡大輔
この記事の著者
住岡大輔 専門家・プロ

NPS成田予備校講師。個別指導Axisで指導スキルを磨き、中学受験から大学受験までの国語・社会を担当。中学受験では偏差値30台の生徒から偏差値60台の生徒まで幅広く経験。現在は、NPS成田予備校にて国語・社会を中心に指導。国語は「必要のない言葉は文章にない」「文法を使って読んでいこう」をキーワードに、文章を忠実に読む細かな読解法を実践。生徒を第一に思った指導方針でとことん生徒に付き合っていく熱意も持ち合わせている。それぞれの生徒に合わせた指導法で成績アップ、志望校合格へ導いてきた。