連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

新4年生 今からでも間にあう 中学受験塾の選び方|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2019年1月10日 石渡真由美

中学受験をする上で、中学受験の勉強に特化した塾通いはほぼ必須です。なぜなら、中学受験の内容は、小学校で習う学習内容よりはるかに難度が高く、学習量も多く、その上、受験算数をはじめとする特殊な勉強をしなければならないからです。

では、中学受験のパートナーとなる塾は、何を基準に選んだらよいのでしょうか?

中学受験に塾は不可欠 まずは集団塾からスタート

多くの大手進学塾では、中学受験のカリキュラムは3年生の2月(塾では新4年生)からスタートします。そのため、3年生の秋頃から各塾で、入塾の可否とクラス分けを目的とした入塾テストが実施されます。入塾テストは複数回実施され、1月を最後に一度区切りますが、その後も随時実施され、途中から入塾することもできます。

理想は3年生(新4年生)の2月のスタート時点での入塾です。最初は授業の進度も緩やかなため、4年生のGW前までに入塾できれば、大きな遅れをとることはありませんが、すでにできあがっているクラスに途中から入るよりは、スタート時点から入塾しておいたほうが、お子さんも学習を進めやすいと思います。

しかし、ご家庭によっては、中学受験をさせるか否か迷っていて、出遅れてしまったというケースもあるでしょう。だからといって、そこで慌てて適当な塾に入ってしまうのはよくありません。

中学受験塾は大きく分けると、次の4つに分類されます。


続きは有料会員の方がご覧いただけます

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。