中学受験ノウハウ 連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中学受験 苦手を挽回するのに必要なステップとは|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2019年6月20日 石渡真由美

中学受験は国語・算数・理科・社会の4教科の入試の総合点で合否が決まります。そのなかには、子どもが苦手とする教科もあるでしょう。しかし、何かの教科が苦手と思い込んでいても、本当に苦手なのは一部だけかもしれません。今回は苦手の克服法について解説します。

誰にでも苦手単元はある。まずは何が苦手かを突き詰める

一般的に中学受験に必要な教科は、国語・算数・理科・社会の4教科です。入試ではこの4教科の総合点で合否が決まるため、保護者としては「どの教科も得意であってほしい」と願いますよね。しかし、どんなに成績優秀な子でも、全教科が得意という子はあまりいません。

例えば算数ならいつも高得点が取れるのに、国語は平均点以下。でも、理科と社会はそこそこに取れているので、合格ラインはクリアしている。こうしたデコボコは誰にでもあるものです。

テストで点が取れないと、「僕は国語が苦手なんだ……」と思い込み、国語=苦手科目となってしまいがちです。しかし、ひとくちに国語といっても、そこに求められる力は多岐に渡ります。

一般的に国語のテストは、漢字・語句といった言葉に関する問題と、登場人物の心情などを問われる物語文、筆者の考えを聞かれる論説文の3つの大問で構成されています。このなかで言葉に関する問題はできているのに、物語文や論説文ができていないという場合は、読解力の不足が考えられます。あるいは、物語文を読める子でも、論説文が苦手ということもあるでしょう。

算数にもいくつもの単元があります。このなかで図形を苦手とする子は多いものです。そういう子は「私は図形が苦手だ」と思い込み、図形を見ただけで拒否反応を示す子もいます。しかし、そばについて見てあげると、「面積を求める問題はできている。ただ、相似が苦手なようで、どこが相似なのかが見えていない」といったことがわかります。

このように、ひとくちに苦手科目といっても、そのなかのどの分野が苦手で、さらにどの問題が苦手かまで突き詰める必要があるのです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。YouTubeチャンネル「アテナチャンネル」を運営。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。