連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中学受験では算数が得意な子は有利か|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2022年1月13日 石渡真由美

中学受験ではよく「算数が得意な子が有利」と言われます。確かにひと昔前までは、そのような傾向がありました。しかし私は、近年は「一概にそうとも言えない」と感じています。その理由は、入試問題の変化にあります。

積み重ねが大事な算数

中学入試で主流の4教科型試験は、国語・算数・理科・社会の総合点で合否が決まります。全教科が得意であれば最強ですが、挑戦するのはわずか12歳の小学生ですから、得意教科があれば、苦手教科もあるというのが普通でしょう。

「中学受験は算数が得意な子が有利だ」とよく言われます。ご存じの方も多いと思いますが、中学受験の算数は、小学校で習う算数とは内容も難しさもかけ離れています。「受験の対策には通塾が必須」とされるのは、この受験算数に特化した内容を学ぶためといっても過言ではありません。

実際にほとんどの塾の授業でも、算数に多くの時間を割いています。算数は積み重ねが大事な教科だからです。そのため、できる子とできない子の差がつきやすい教科でもあります。特に受験算数の場合、数に対する抽象的な概念の理解が必要で、その理解の度合いには、子どもの成長も大きく影響してきます。このように、算数は子どもによって点差がつきやすい教科です。そのため算数が得意な子は受験に有利と考えるのは、間違ったことではありません。

また、算数は他教科と比べて一問に対する配点が大きいというのも、点差が開く要因になっています。知識問題も出題される理科・社会では、1問の配点が2〜3点ですが、算数は4〜5点、記述式を採用している学校の場合、問題によっては10点というものもあります。そのため1問のミスが合否に大きく響いてしまうのです。各学校が出している合格者平均点と受験者平均点の差を見てみると、実際に算数における点差は他教科に比べ大きく開いているケースがほとんどです。中学受験で「算数が得意な子が有利」と言われてきた理由にはそうした背景があります。

「算数だけが得意」には要注意

ところが、近年は「算数が得意な子が有利」と一概に言い切れない状況になっているのです。そこには、入試問題の変化があります。変化があったのは、10年ほど前からです。それまでの中学入試は、点差がつきやすい算数が一番難しく、ほかの教科はやや易しめの傾向がありました。特に男子難関校の算数は、飛び抜けて難しい問題が出題され、まさに算数が得意な子ほど有利という構図になっていたのです。

しかし、10年ほど前に都立中高一貫校が誕生すると、適性検査型の問題が注目されるようになりました。適性検査型の問題は、問題のリード文(条件文や説明文)が驚くほど長いのが特徴です。こうした問題の変化は新しい大学入学試験の影響を受けたものといえます。ネットの普及で情報過多になった現代社会では、正しく情報を読み取り、自分なりに判断し、考える力が必要であり、そのためには「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばすことが重要であるという新学習指導要領の考えにつながります。こうした傾向が、近年の中学校の入試にも表れてきているのです。

10年前の入試問題と近年の入試問題を見比べてみると、明らかに問題のリード文が長くなっています。国語や社会だけのように思われるかもしれませんが、算数も理科も例外ではありません。長いリード文の中に、さまざまな条件が書かれていて、それを読み飛ばしたり、理解できなかったりすると、単元の解き方は知っていても、正しい答えを導くことができなくなっています。つまり読解力が重要なのです。

ところが多くの塾講師は、いまだに「算数を制する者は、受験を制する」と思い込んで、算数の勉強にとにかく力を入れるように指導しています。特に年齢が高いベテラン講師ほど、その傾向が強いと感じています。なぜなら、彼らはそうやって多くの受験生を合格させてきたという成功体験があるからです。しかし、中学入試の中身が大きく変わっている今、その考え方を見直す必要があると私は感じます。

教科を横断して求められる国語力

算数が得意だと入試で点差がつきやすいということは事実ではあります。しかし、今は「算数だけが得意でも、アドバンテージにならないことがある」ということです。

一般的に暗記教科と言われがちな、理科・社会の入試でも、長文化し、思考力や記述力を問う問題が増えています。問題が長文化し、思考力や記述力を問う問題とはどういった問題か、少しイメージがしづらいかも知れませんので、例を挙げます。

たとえば、男子難関校の海城中。同校では、もう20年以上もこうした長文を読み込み、記述する問題を出題しています。2021年の海城中の入試問題(社会)でも、本文およびいくつかの資料を読んだうえで、190字や160字以内で説明せよ、という記述式の問題が出題されています。

こういったタイプの問題は今、上位校のみならず中堅校と呼ばれる学校にも広がっています。また、一般的に配点が高く、それができるかできないかは合否にも影響します。これまでは算数が得意であることが得点の差を生み出していましたが、今は読解力や記述力で得点差が生じている面があるのです。

読み取りや記述は、国語力そのものです。私も若かりしイケイケだった時代は、生徒たちに「いいか! 算数さえ伸ばせれば、受験を制することができる。算数はひたすら問題を解きまくれ!」なんて言っていた時代もありました。しかし昨今の入試傾向を見ていると、算数1教科が突出して得意な子よりも、国語ができる子の方が強いと感じます。国語力はすべての科目に通ずるからです。実際、私の生徒でも国語ができる生徒は、総じて他の教科もできているケースが多いです。

いわゆる「算数ができる子」のなかには、「算数だけ得意」という子が少なくありません。また、親御さんも「うちの子は算数が得意だから、中学受験に向いている」と思い込んでいる方も多いでしょう。ご自身で中学受験をご経験された方は、特にそう思ってらっしゃる方が多い。また塾の先生たちの間にも「算数神話」が根強く残っています。

しかし、時代は刻一刻と変化しているのです。先述したような入試問題の変化から、算数が得意なだけでは必ずしも有利と言えなくなっています。問題を正しく読み解く土台の力、国語力こそが、今の時代の中学入試には必要なのです。過去の常識だけを鵜呑みにせず、今の中学受験に目を向けることが大切です。

■関連記事


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。