学習 連載 中学受験のツボ[理科編]

【小5理科/モノの燃え方と気体】実験で理解しよう! ろうそくの性質|中学受験のツボ[理科編]

専門家・プロ
2022年10月18日 ヤジマ先生

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 理科編伊丹龍義先生山崎翔平先生ヤジマ先生が担当します。
- 理科以外の3教科はこちら -

国語算数社会

今回は「ろうそく」に注目します。

中学入試でろうそくが出題されるときは、実験とセットで出されることが多いです。基本知識とともに、いくつかの例題を解いていきましょう。

ろうそくの炎

ろうそくの炎は3つの部分に分かれています。お子さんは3つの名前を答えられますか?

 

正解は、外側から「外炎」「内炎」「炎心」です。

 

 

漢字の意味を押さえると、間違いがぐっと減りますよ。

外炎 → 「外」側の「炎」
内炎 → 「内」側の「炎」
炎心 → 「炎」の中「心」

 

次に、3つの部分の特徴を確認しましょう。

外炎、内炎、炎心のなかで、

  • 実は燃えていない部分
  • 最も明るく見える部分
  • 最も温度が高い部分

は、それぞれどれかわかりますか?

実は燃えていない部分

実は燃えていない部分は、炎心です。

炎心では、ろうそくの芯を伝ってきた液体の「ろう」があたためられて、気体に変化しています。つまり、ろうの状態が変化しているだけなので燃えているわけではありません。

そのため3つの部分のなかで最も暗く、温度も低くなっています

最も明るく見える部分

最も明るく見える部分は、内炎です。

内炎が最も明るく見えるのはなぜでしょうか?

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
ヤジマ先生
この記事の著者
ヤジマ先生 専門家・プロ

現役塾講師。自身も中学受験を経験し、私立本郷中高、東京工業大学工学部建築学科を経て、現在大手進学塾で中学受験の理科・算数や最難関選抜ゼミを東京・神奈川で担当。新人研修や社内研修も担当し、人材育成や教材作成にも携わる。指導方針は「頑張る君の1番の味方」。努力を継続する事のやりがいや楽しさ、時には厳しさを子ども自身に経験させ、自立を全力でサポートする。また、理科では「絶対に理科嫌いにさせない」をモットーに授業を実践。学生時代はサッカーやバンドに熱中し、作詞作曲経験もある。