学習 連載 中学受験のツボ[理科編]

【小5理科/地球と太陽】東西南北の方位や時刻の決め方|中学受験のツボ[理科編]

専門家・プロ
2022年10月21日 山崎翔平

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 理科編伊丹龍義先生山崎翔平先生ヤジマ先生が担当します。
- 理科以外の3教科はこちら -

国語算数社会

理科講師兼学習アドバイザーの山﨑です。

火星や木星のような太陽系の天体の授業をしていると、子供たちが興味をもって学んでいる様子を目にします。

しかし、いざ問題を解く段階になると、太陽系の天体のような地学分野を苦手としている子が多いようにも感じます。

天体が苦手な子の特徴を見ると、ほぼ“覚える分野”だと思っていて、がんばって覚えようとするものの覚えきれない子が多い印象です。

たしかにこの分野は覚えるところもありますが、正しく理解することで覚えることを減らせるだけでなく、応用問題にも対応できるようになります。

天体が苦手なお子さんが正しく理解できるために前提となる知識をまとめましたので、一緒に学習を進めていきましょう。

地球と太陽

星には、

  • 自分で光を出している「恒星」
  • 恒星のまわりを回っている「惑星」
  • 惑星のまわりを回っている「衛星」

があります。

恒星のひとつに太陽があり、その周りを8つの惑星が回っています。このことを「公転」といいます。

太陽を公転する惑星のうち、太陽に近い順に、

水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星

があります。

また、地球は1年かけて1回公転します

地球などは公転すると同時に“自分自身”も回っており、このことを「自転」といいます。北極点側から見て、反時計回りに1日で1回転します。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
山崎翔平
この記事の著者
山崎翔平 専門家・プロ

SRP教育研究所 学習アドバイザー。(株)amici 学習アドバイザー。元アオイゼミ講師。首都圏および九州の学習塾などで理科の指導をする傍ら、学習アドバイザーとして、学習方法や学習習慣づけの指導も行っている。 高校受験、中高一貫校、大学受験、医学部受験も担当とし、小学校範囲にとどまらない、小中高一貫指導を得意とする。 「なぜ」を大切にし、身のまわりの現象を「ひもとき」体系的に指導し、楽しくなきゃ勉強ではない、続けることが大事だというのがモットー。