学習 連載 中学受験のツボ[理科編]

【小4理科/モノの溶け方】“最強にしょっぱい”食塩水のつくり方|中学受験のツボ[理科編]

専門家・プロ
2022年10月31日 伊丹龍義

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 理科編伊丹龍義先生山崎翔平先生ヤジマ先生が担当します。
- 理科以外の3教科はこちら -

国語算数社会

モノの溶け方」を学びつつ、“最強にしょっぱい”食塩水のつくり方を見ていきましょう。

チェックポイント[1]

問題:
溶解度ってなに?

水に砂糖や塩を溶かそうとしたとき、それらが溶けきれず下に残ってしまうことがあります。これは、モノが水に溶ける量には限界があるからです。

そして、溶ける限界の量が「溶解度」と呼ばれます。正確には、「水100ℊに、その物質が溶ける最大の量」のことです。

テキストなどには、食塩(20℃)の溶解度が「35.8」と書いてあります。これは「水100ℊに食塩は35.8gまで溶ける」ということを表しています。もちろん、水の量が2倍になれば溶ける量も2倍になるので、水200gには71.6g(35.8×2)まで溶けます。

 

水に固体のモノを溶かすと、冷たい水よりも温かいお湯のほうが溶けやすくなります(※1)。つまり、溶解度は温度によって大きく変わるということです。

こうした様子を表したグラフが「溶解度曲線」です。

ちなみに食塩は温度によって溶解度があまり変わらないため、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

0
伊丹龍義
この記事の著者
伊丹龍義 専門家・プロ

SRP教育研究所 所長。自身の塾で中学・高校受験、中高一貫校サポートを担当。教育格差解消と学習の効率化のため廉価に、そして自分のペースで見られ、電子辞書代わりにも使える映像授業に積極的に参加。学びエイド鉄人講師・家庭教師のトライ「TryIT中学理科」、同トライのオンライン集団ライブ授業(小学算数・中学数学・中学理科)担当。「観てわかる中1理科」(小学館)映像担当、その他、学習塾・参考書の映像授業担当多数。個人として「たこやきまるめがね」名義でYouTubeで中学受験算数・理科の映像授業準備中。プログラミング・ゲーム・パズルを教育現場に広める活動中。クイズ番組等の問題作成・監修多数。