学習 連載 中学受験のツボ[算数編]

【小4算数/計算】まずは正しい計算方法を身につけよう|中学受験のツボ[算数編]

専門家・プロ
2024年2月08日 有賀隆夫

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説
- 算数以外の3教科はこちら -

国語理科社会

髭之教育会代表の有賀です。

塾では2月から新学年が始まりました。

学校では3年生の子供たちも、4年生として本格的な受験算数の学習が始まります

 

4年生から塾に入り、中学受験の勉強を始める子もいるでしょう。

低学年から受験算数を学んできた子も、「3年生のころとは何が変わるんだろう?」という不安もあるでしょう。

そこで、今回は「算数の基礎になること」について説明します。

受験算数の基本は計算力

まずはじめに「算数の基本は計算力」であるということを忘れないようにしましょう。

受験算数は学校の勉強と比べて、非常に難しい問題を扱います。

文章題では、「つるかめ算」や「旅人算」など、特殊算と呼ばれる複雑なものが登場します。図形の面積や体積を求める問題も、発想力や思考力が必要なものが出てきます。

そのため、どうしても「難しい解法」ばかりに目が向いてしまいます。

 

ですが、まずは「基礎となる正しい計算方法」を身につけること

これこそが、算数が得意になる第一歩です。

まずは整数の正しい計算方法を身につける

小学生が扱う数字の種類は、整数と小数と分数です。

小数と分数の扱い方は、これから4年生で詳しく学びます。まずは4年生のはじめに身につけておきたい数字は「整数」です。

 

整数の「たす、ひく、かける、わるの処理」は、6年生になっても正しく身についていない子もいます。

4年生のうちに確実に処理できるようにしておくことをおすすめします。

大きな数の0の扱い

整数の計算のうち、特に大きな数の計算での0の扱いについて、計算の工夫のポイントを紹介します。

 

小学校の勉強で、

「1億までの数」
「2桁かける2桁のかけ算」

は学んできましたよね。

これを利用して、計算を工夫する習慣付けをすると良いでしょう。

 

まず、かけ算の工夫を説明します。

例:1200×150=180000

 

この計算をそのまま筆算ですると、大変なことになります。0が大量に発生してしまうのです。

筆算で解いて、0を多く書き過ぎたり、逆に0が足りなかったり、というミスも出やすくなります。

そして、この大量の0を書いて計算する子は、想像以上にたくさんいるのです。6年生で、難しい問題に取り組める子であっても、見かけます。

信じられないかもしれませんが、当たり前のことほど意識しないと身につきません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

0は最後にくっつければいい」のです。

1200×150

=12×100×15×10
(1200を12×100に、150を15×10に、それぞれ分解)

=12×15×100×10
(かけ算は計算の順序をかえていい)

=180×1000
(12×15と100×10をそれぞれ計算する)

=180000
(180を1000倍するので位が3桁上がる)

 

理屈としてはこのようになります。

ただ、子供にこの式を説明しても、ピンとこないこともあるでしょう。

そんなときには、

0の部分は後回しで、まず0以外のところを計算しよう! 答えが出たら後回しにした0の個数分0を書いてあげて

というふうに、まずは作業として身につけさせてもいいと思います。

 

12│00×15│0=180000

僕はこんなふうに線を引かせています。

 

子供がイメージしやすい書き方なら、どのようなものでもいいですね。

とにかく「位を表している0は後回しにする」ことを身につけておくことが大切です。

 

算数の土台は計算力

受験算数は、難解な問題が増えています。高い思考力を求められる問題も少なくありません。

だからこそ、4年生のあいだに「当たり前のこと」をしっかりと身につけてほしいと思います

 

6年生になって、考える力はとても高いのに、問題を解くスピードが著しく遅い子がいます。

算数を学ぶという点では、これは悪いこととは言いきれません。考える力は最大の武器だからです。

ですが、テストは時間内に解かなければなりません。

 

あくまでも、算数の土台は高い計算力です。

そのためにも、4年生で工夫して計算する習慣をつけていきましょう。

※記事の内容は執筆時点のものです

0