学習 連載 中学受験のツボ[国語編]

【小5国語/随筆】随筆が苦手な子が知らない3つのこと|中学受験のツボ[国語編]

専門家・プロ
2024年6月09日 松尾吉久

1
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説
- 国語以外の3教科はこちら -

算数理科社会

こんにちは、松尾です。

随筆は、物語文や、説明文・論説文のような明確な形式がなく、“幅広い文章のジャンル”のため「わかりにくい」と感じる子が多いようです。

とはいえ、実は読み方のポイントを知らないだけ、というケースも少なくありません。

そこで今回は、随筆が苦手な子が知らない3つのことを紹介しつつ、随筆を読む際に注目しておきたいポイントについてお伝えします。

今回の内容を理解できると随筆の問題も解きやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

1、答えが本文中に書いてあることを知らない

国語が苦手な子は「私はこう感じる」「僕ならこう考える」というように、文章や問題を自分に置きかえて考えてしまうことが多いようです。

自分に置きかえない場合でも、「みんなこう思うでしょ!」というように、文章に書いてある内容を踏まえず、常識だと思い込んでいることに置きかえてしまうケースが多いですね。

特に随筆は、筆者の体験を「一人称」で記述する文章が多いため、自分に置きかえて考えてしまいやすいようです。そのため文章を正しく読みとることができず、問題の正答率も低くなってしまいます。

 

中学入試の国語の問題は、「筆者や登場人物がどのように感じ・考えたか」を確認するものがほとんどです。そしてこれは、文章中にしっかりと書かれています。

そのため大前提として、「国語 = “文章中に”どのように書いてあるかを理解して答えるもの」と理解することが大切です。

2、「筆者の体験」をもとに書かれていることを知らない

随筆は、筆者の体験をもとに、そこから得られた感想や考えをまとめたものです。

中学受験の出題としては、大きく次のふたつに分けられます。

物語文に近い随筆
身の回りで起こった出来事と、その感想をまとめた文章
例:清少納言『枕草子』

説明文に近い随筆
筆者の体験をもとに考えたことをまとめた文章
例:吉田兼好『徒然草』

 

上記のような違いはありますが、筆者の感じたこと・考えたことのきっかけとなるものが「筆者の体験」ということは共通しています。

事実と意見

随筆を読むときは、まずは「事実と意見」を区別するようにしましょう。それぞれをしっかり把握すると文章を理解でき、問題も解きやすくなります。

事実と意見を区別するときは、「だれにでも共有できる情報かどうか」を基準にするのがおすすめです。

誰にでも共有できる情報……事実
誰にでも共有できるわけではない情報……意見

 

「春はあけぼの……」で有名な『枕草子』も、「春に明け方の景色を眺めた」という筆者の体験(事実)は、誰にでも共有できるものですよね。

一方で「その景色を風流だと感じた」という感想(意見)は、誰にでも共有できるものではありません。風流だと感じる人もいれば、何も感じない人もいるからです。

 

随筆を読むときは、まずはどのような体験をもとに文章が書かれているかを確認し、文章の内容をしっかりと理解できるようにしましょう。

事実と意見の違いについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

 

3、筆者が体験を通して感じたこと・考えたことが結論となることを知らない

繰り返しになりますが、随筆は筆者の“ある体験”と、そこから感じたこと・考えたことを区別し、理解することが重要です。

なぜなら随筆の場合、「筆者の感じたこと・考えたこと」が文章全体の結論となることがほとんどだからです。しかし随筆が苦手な子は、こうしたこともあまり知りません。

 

そもそも中学受験の出題者は、その文章の結論が何か理解できているか? を問う問題を作成することが多いんですね。

そのため結論をしっかり理解できると、問題も解きやすくなります。

先ほど紹介した「事実と意見の区別」の仕方を参考にしつつ、文章中の筆者の「感想・意見」を読みとり、文章の結論を理解することで正答率も上がっていきますよ。

まとめ

随筆が苦手な子が知らない3つのことをお伝えしました。

  1. 答えが本文中に書いてあることを知らない
  2. 「筆者の体験」をもとに書かれていることを知らない
  3. 筆者が体験を通して感じたこと・考えたことが結論となることを知らない

 

今回の内容は、物語文や、説明文・論説文にも応用できる部分があるので、ぜひ参考にしてみてください。

※記事の内容は執筆時点のものです

1