連載 今一度立ち止まって中学受験を考える

中学受験 中高一貫校進学のメリット・デメリット|今一度立ち止まって中学受験を考える

専門家・プロ
2020年12月22日 石渡真由美

中学受験者数はここ数年増加傾向にあります。受験を経て、中高一貫校へ進学する。そのメリットとデメリットは何なのでしょう。今一度考えたいと思います。

最大のメリットは伸び伸びと過ごせる6年間

中高一貫校へ進む最大のメリットは、「高校受験に分断されない6年間」を手に入れられることです。私自身、中学受験を経て私立中高一貫校に進学し、充実した6年間を過ごせました。

6年間で特に思い出に残っているのが、中3の夏休みに東京から京都まで自転車で旅をしたことです。15歳の夏といえば、公立中学では部活動を引退し、高校受験の勉強が本格化する時期。受験勉強に励むことが悪いわけではありませんが、15歳の多感な時期に、いろいろなことをセーブして受験勉強に時間を費やさなければいけないというのは、もったいないなと感じています。

当時15歳の私は、親戚のいる京都を目的地にして、安く泊まれるユースホテルを利用しながら、幾日もかけて自転車を漕ぎ続けました。途中、箱根峠で足がまったく動かなくなり、泣く泣くタクシーに乗るトラブルもありましたが、そんな挫折も今となってはよい経験です。旅の途中でいろいろな人に出会い、自分の視野が大きく広がりました。その夏の体験は、今の私の人生に大きな影響を与えたと思っています。

また、途切れることなく部活動に打ち込めたことも良かった点です。私は合気道部と美術部を兼部していましたが、顧問の先生の異動もなく、6年間同じ先生に指導してもらえました。合気道は現在も続けており、一生涯のスポーツになったなと思っています。部活動以外の場でも、当時英語が苦手だった私に、顧問の先生が個別指導をしてくれたこともありました。たまたま合気道部の顧問が英語教師だったという幸運もありますが、このように先生と生徒が深くつながるのも、私立中高一貫校の良さのひとつだと思います。

卒業から30年以上経ちますが、毎年のように当時の仲間から学校・恩師の近況を知らせる便りが届くのも、一貫校生らしさだと感じます。縦のつながりだけでなく、友人との横のつながりも強く、ここでの出会いは、私にとって一生の宝です。

余裕を持って大学受験の準備ができる

学習面でも中高一貫校のメリットは大きいと感じます。高校受験がないので、中3で高校の勉強を先取りできます。多くの中高一貫校では、高2までに高校過程に必要な勉強を終え、高3の1年間で大学受験のための勉強をします。余裕を持って大学受験の勉強ができる点で、中高一貫校は大学受験に有利だといわれています。

また、中高生活の過ごし方次第ではあるものの、大学附属の中高一貫校へ進学すれば、内部進学で大学へ進むこともできます。そうすれば、高校・大学受験に縛られず10年間伸び伸びと過ごすことができます。

近年の中学受験では、志望校に大学附属の中高一貫校を選ぶ家庭が多くなっています、人気の理由にはこうした背景があるようです。ちなみに私は、大学附属受験については、保護者の皆様に少し冷静な視点を持って慎重に考えてみられることをおすすめしています(詳しくは過去の記事「今一度考えたい 大学附属校は本当にいいの?」を御覧ください)。

環境面にもメリットがあります。その代表例に挙げられるのは、今回のコロナ禍で浮き彫りになった、オンライン授業の差でしょう。特に私立中高一貫校と公立中では、その違いが目立ちます。多くの私立一貫校ではICT環境が整っていますが、公立中ではまだまだ追いついていないのが現状です。何事も足並みを揃えなければならない公立中と違って、私立一貫校は有事の際にドラスティックな対応ができるのも大きなメリットでしょう。

小6時点の学力で将来は決まらない

デメリットもあります。一貫校に進むにはほとんどの場合、中学受験に挑まなければなりません。中学受験生は小6の冬、12歳の時点で入試に挑みます。12歳というと、まだ成長の途中にいる子どもです。身体的にも精神的にも、成長の度合いには個人差があります。しかし学校側は入試の時点の学力で、合格・不合格の判定を下さざるを得ません。

当然、受験生のなかには思うように学力が伸びず、偏差値の低い学校にしか受からない子もいます。そうした結果を親子で「不幸なことだ」などと受け止めると、子どもの自己肯定感の低下につながり、肝心の受験後の伸びを止めてしまうことがあります。

こうした不幸を招く大きな要因が、偏差値の高さで学校を選び、優劣をつけることです。

以前、私の教え子で難関女子校を5人受験し、一人だけ不合格になってしまったことがありました。不合格になったその子は、偏差値的にはあまり高くない中高一貫校へ進学したのです。それでもその子は、6年間コツコツと勉強を頑張り、現役で難関大学に進みました。一方、難関女子校に進学した4人のうち2人は、大学受験で苦戦し浪人しました。

中学受験の結果だけを見れば、難関校に合格した4人は勝ち組かもしれません。しかし12歳の段階の子どもの実力は、その子のほんの一面にしか過ぎないのです。受験後伸びていく可能性やポテンシャルを秘めているということはいくらでもあることなのです。

中学受験で難関校に合格できなかったからといって、その後の人生が決まるわけではない。小6の学力で将来は決まらない。親御さんがそれを理解したうえで中学受験をすること、そして学校を選択することが大事だと思います。

親御さんが偏差値に目を向けすぎてしまうと、中学受験は子どもにとって大きな負担になります。たとえ第一志望の学校に合格できなくても合格した学校は縁のある学校だと思って、前向きな気持ちを持つことです。

面倒見のいい中堅校で伸び伸びと成長する子は多い

中学受験をするには、ときには遊びたい気持ちを我慢して勉強したり、計画的に勉強を進めていくことが必要です。精神的に大人びた子であれば自分で勉強を進められる子もいますが、幼い子であれば、保護者のサポートが必要になります。では、幼い子は中学受験をしない方がいいのか? というと、そうとも言い切れません。

実はそういう子こそ、中堅校に目を向けてあえて中学受験をして欲しいのです。中堅校は面倒見の良さをウリにしています。自分から勉強ができない子のために、どうやったら自分で勉強ができるようになるか、時間をかけて丁寧に指導しています。また、授業でわからなかった内容を補習などで補ってもくれます。中学の段階では頼りなくても、高校生になって精神的に成長してくると、グングン伸びていくことがあります。つまり、6年間どの環境で過ごすかがとても重要ということです。

もちろん難関大学に合格することが、人生の勝ち組というわけではありません。近年、偏差値の高さだけでなく、ユニークな取り組みをしている大学に魅力を感じる学生が増えています。こうした流れは今後、中学受験でもどんどん増えてくるのではないかと考えています。偏差値だけにとらわれず、お子さんが大学を卒業する10年先を見据えた中学受験へ。大切なのは「どんな環境なら、わが子が伸びるか」の視点を持つことです。


これまでの記事はこちら『今一度立ち止まって中学受験を考える

※記事の内容は執筆時点のものです

宮本毅
宮本毅 専門家・プロ

1969年東京生まれ。武蔵中学・高等学校、一橋大学社会学部社会問題政策過程卒業。大学卒業後、テレビ番組制作会社を経て、首都圏の大手進学塾に転職。小学部および中学部で最上位クラスを担当し、多数のトップ中学・高校に卒業生を送り込む。2006年に独立し、東京・吉祥寺に中学受験専門の「アテナ進学ゼミ」を設立。科目間にある垣根は取り払うべきという信念のもと、たった一人で算数・国語・理科・社会の全科目を指導している。また「すべての子どもたちに自発学習を!」をテーマに、月一回の公開講座を開催し、過去3年間でのべ2000名近くを動員する。若い頃からの変わらぬ熱血指導で、生徒たちの「知的好奇心」を引き出す授業が持ち味。

■著書

『はじめての中学受験 これだけは知っておきたい12の常識』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 同音異義語・対義語・類義語300』(中経出版)
『文章題最強解法メソッド まるいち算』(ディスカヴァー・トゥエンティーワン)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える理科85』(KADOKAWA出版)
『中学受験 ゴロ合わせで覚える社会140』(KADOKAWA出版)
『ケアレスミスをなくせば中学受験の9割は成功する』(KADOKAWA出版)
『合格する子がやっている 忘れない暗記術』(かんき出版)

この記事の著者

フリーライター。子供の誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材執筆。6年前に子供の中学受験を経験したものの、国立大学の附属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。