学習 連載 中学受験のツボ[理科編]

【小6理科/地学総復習】月の満ち欠けと月食・日食のしくみ|中学受験のツボ[理科編]

専門家・プロ
2022年11月19日 山崎翔平

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 理科編伊丹龍義先生山崎翔平先生ヤジマ先生が担当します。
- 理科以外の3教科はこちら -

国語算数社会

理科講師兼学習アドバイザーの山﨑です。

天体分野の授業をしていると、「がんばって丸暗記しているだけ」になっている子をよく見かけます。

もちろん覚えないといけない部分はありますが、この分野は“正しく理解する”ことで覚える量を減らせるだけでなく、応用問題にも対応できるようになります。

今回は「月食・日食の原理」について、お子さんにもわかりやすく整理していきます。

方位と時刻の決め方を理解しよう

天体分野を理解するには、まずは「方位の決め方」と「時刻の決め方」を理解することが不可決です。

 

方位は、北極点の方向を「北」とします。つまり北極点を真上から見たとすると、北半球にいる場合は下の図のようになります。

これを、方位の決め方として覚えておきましょう。

時刻は、太陽と地球の位置関係で決まります

下の図は、北半球を真上から見たときの図です。

12と書かれた位置にくるのは南に太陽があるときで、このときの時刻は「正午」です。北極点側から見ると地球は反時計回りに自転するため、正午になる位置さえわかれば、ほかの時刻も自動的に決まります。

月の満ち欠け

月は、地球の唯一の衛星です。地球のまわりを約1ヶ月で公転しています。

地球から見える月の形は、毎日変化します。なぜなら月は自ら光を出さず、太陽の光を反射することで光って見えているため、太陽と地球、月の位置関係によって見える形が変化するからです。

下の図を見てみましょう。

先ほどお伝えしたように、方位や時刻は、地球と太陽の位置関係によって決まりましたよね。

たとえば、0時に南の方角に月があるとします。このとき地球から月を見てみると、黄色で塗られているところが太陽の光で反射している部分だとわかります。このときの月の形は「満月」です。

一方、上の図を見ると「新月(地球から月が見えない状態のこと)」は12時の南の方角に位置することもわかりますね。

月食の原理

月食とは、月が地球の影に入る現象のことです。「月が食べられて見えなくなる」と覚えてみましょう。

月食が起こる様子をまとめると、次のとおりです。

月食が起こると、月の形や位置関係はどうなるでしょうか?

まず月食は、地球の影によって太陽の光が月に当たらないときに起こります。ですから位置関係としては、月が「満月」になるときと同じということ。

つまり「太陽 → 地球 → 月」の順に並んでいるときに月食が起きます。

日食の原理

日食とは、月が太陽と重なり、太陽が隠されてしまう現象のこと。「太陽が食べられて見えなくなる」と覚えてみましょう。

日食が起こる様子をまとめると、次のとおりです。

日食は、太陽の光が月に重なり、地球に光が届かないときに起こります。ですから位置関係としては、月が「新月」になるときと同じ、ということですね。

つまり「太陽 → 月 → 地球」の順に並んでいるときに日食が起きます。

まとめ

月食・日食に限らず、天体分野を理解するには方位や時刻の決め方を理解しておくことが欠かせません。

  • 方位は、北極点の方向を「北」とする
  • 時刻は、南に太陽が位置する時刻を「正午(12時)」とする

そのうえで、次のポイントを押さえておきましょう。

  • 月の満ち欠けは、「太陽・地球・月」の位置関係が関係している
  • 月食・日食も、「太陽・地球・月」の位置関係が関係している

このように、ただ丸暗記するのではなく、それぞれの知識をきちんと理解している状態を目指してみてくださいね。

※記事の内容は執筆時点のものです

0
山崎翔平
この記事の著者
山崎翔平 専門家・プロ

SRP教育研究所 学習アドバイザー。(株)amici 学習アドバイザー。元アオイゼミ講師。首都圏および九州の学習塾などで理科の指導をする傍ら、学習アドバイザーとして、学習方法や学習習慣づけの指導も行っている。 高校受験、中高一貫校、大学受験、医学部受験も担当とし、小学校範囲にとどまらない、小中高一貫指導を得意とする。 「なぜ」を大切にし、身のまわりの現象を「ひもとき」体系的に指導し、楽しくなきゃ勉強ではない、続けることが大事だというのがモットー。