学習 連載 中学受験のツボ[社会編]

【小6社会/都道府県】統計知識を攻略!都道府県の面積・人口|中学受験のツボ[社会編]

専門家・プロ
2022年9月19日 吉崎 正明

保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。 社会編 吉崎正明先生池田良輔先生茂山起龍先生が担当します。
- 社会以外の3教科はこちら -

国語算数理科

こんにちは。吉崎です。

昨今の中学入試問題は、教科にかかわらず、思考力・表現力・判断力を試すものが増えています。しかし、その力の基礎として、社会では知識量が重要。私はそう考えています。

とくに面積や人口の統計知識は、覚えておけば入試本番で役立つ場面がたくさんあります。そこで今回はぜひ覚えてほしい、都道府県の面積・人口を中心に紹介します。

面積が大きい都道府県

まず、地理の統計で覚えておきたいことの王道は、面積が大きい都道府県です。1位は、もちろん北海道ですね。では、次のように問われたらどうでしょうか。

問題:
以下は面積が大きい都道府県をあらわしたものです。1位は北海道です。2位から5位を答えなさい。

1位 北海道
2位
3位
4位
5位




正解はこちらです。

正解:
1位 北海道(北海道地方)
2位 岩手県(東北地方)
3位 福島県(東北地方)
4位 長野県(中部地方)
5位 新潟県(中部地方)
※地方は八地方区分

すべて答えられたお子さんはお見事です。

北海道は堂々の1位ですが、北海道以外は東北地方や中部地方に集中していますね。「北海道、岩手、福島……」のような文字列を並べて暗記するよりも、このように地方別に分けてみたり、実際に地図で位置を確認したりすると記憶に残りやすいですよ。

面積が小さい都道府県

面積が大きい都道府県の次は、面積の小さい都道府県です。1位はパッと答えられるといいのですが、お子さんはどうでしょうか。

問題:
以下は面積が小さい都道府県をあらわしたものです。1位から3位を答えなさい。

1位
2位
3位
4位 沖縄県
5位 神奈川県

そういえば、私がかつて塾講師相手におこなった模擬授業で、「面積がもっとも小さい都道府県」をあつかったことがあります。そのときに、ほかの教科の講師から多かったのが、「へぇ!1位って沖縄だと思ったよ」とか、「1位は沖縄じゃないんですね」という声でした。

このように「面積が小さい都道府県代表は沖縄県」のイメージを持つ人って多いんですが、沖縄県は4位です。お子さんは1位から3位をパッと答えられるでしょうか。




正解:
1位 香川県
2位 大阪府
3位 東京都
4位 沖縄県
5位 神奈川県

1位は讃岐うどんで有名な香川県。2位の大阪府、3位の東京都、5位の神奈川県は人口が多い都道府県としても有名です。

人口が多い都道府県

続いて、人口が多い都道府県。

問題:
以下は人口が多い都道府県をあらわしたものです。1位から3位を答えなさい。

1位
2位
3位
4位 愛知県
5位 埼玉県

ここで覚えておいてほしいのが、三大都市圏(東京・大阪・名古屋を中心とした首都圏・近畿圏・中京圏)です。人口が集中し、行政や経済の中心となっています。

問題を確認すると、三大都市圏のひとつ「名古屋」をふくむ愛知県は4位。東京都と大阪府はもちろん上位3位に入りそうですが、もうひとつはどうでしょうか。お子さんに聞いても、意外とわからないかもしれません。




正解:
1位 東京都
2位 神奈川県
3位 大阪府
4位 愛知県
5位 埼玉県

東京都と隣り合う神奈川県が2位です。神奈川県に住んでいるけれど、職場や学校は東京都という人ってたくさんいますよね。神奈川県から東京方面の電車に乗ると見える「多摩川」は、ふたつの都県の境なのですね。

人口が少ない都道府県

人口が少ない都道府県にも注目してみましょう。ぜひ覚えてほしい上位4県を空欄にしてみました。お子さんは答えられるでしょうか。

問題:
以下は人口が少ない都道府県をあらわしたものです。1位から4位を答えなさい。

1位
2位
3位
4位
5位 福井県




正解:
1位 鳥取県
2位 島根県
3位 高知県
4位 徳島県
5位 福井県

文字だとパッとしませんが、地図で位置を照らし合わせて確認すると覚えやすくなります。

1位と2位、3位と4位はどちらも隣り合う県です。これらの県は人口が少なく、選挙では「1票の格差」が問題となりました。1票の格差とは「選挙区によって1人ひとりの票の価値が異なる問題」です。

これを解消するため、2016年の参議院選挙から、人口が少ない二つ以上の選挙区を統合し、一つにまとめる「合区」とする制度が導入されました。その合区の対象となったのが「鳥取県・島根県」「高知県・徳島県」なのです。

内陸にある都道府県

問題:
内陸にある都道府県8県を答えなさい。




正解はこちらです。

正解:
栃木県
群馬県
埼玉県
山梨県
長野県
岐阜県
滋賀県
奈良県

これも文字だけで覚えようとするのではなく、地図で位置を照らし合わせて確認すると覚えやすくなります。

地図で確認すると、奈良県以外の7県は、全て隣接しています。覚えるための大切なポイントです。

奈良県は滋賀県と隣接しているように見えますが、ギリギリ隣接していません(滋賀県の手前で京都府・三重県に隣接しています)。こういった細かな部分にも注目しておくと、入試本番でも役立ちますよ。

まとめ

今回はここまでです。

暗記も必要ですが、今回のようにクイズっぽくしたり、遊びっぽくしたりして、楽しく覚えてみてください。

社会の学習は、「覚える工夫を楽しむ」ことも大切ですよ。

※記事の内容は執筆時点のものです

吉崎 正明
この記事の著者
吉崎 正明 専門家・プロ

現役塾講師。都内中学受験塾で社会・国語を担当。12年間在籍した大手進学塾では中学受験難関選抜ゼミ担当を歴任、社内数千名が出場する「授業力コンテスト全国大会」で優勝経験あり。その後家庭教師を経験し、2019年より現在に至る。指導方針は「正しい学習姿勢で、楽しく成績を伸ばす」。また、社会では「センス不要。イメージを作って考える」授業を実践しており、中学受験ナビでも「イメージで覚える中学受験歴史」を執筆。茨城県行方市出身。