学習 連載 中学受験のツボ[理科編]

【小6理科/生物】植物分野の総まとめ[3]根・茎・葉のつくりとはたらき|中学受験のツボ[理科編]

専門家・プロ
2024年7月10日 山崎翔平

0
保護者向けに中学受験の4教科のツボを解説。
- 理科以外の3教科はこちら -

国語算数社会

こんにちは!
理科講師兼受験アドバイザーの山崎です。

植物分野の総まとめ」3回目の今回は、植物の基本的な構造と、その機能について、特に「根・茎・葉」に焦点をあててお話しします。

根・茎・葉は植物が生きるために、そして成長するために、とても重要な器官です。

そして、それぞれ特定の役割を果たしています。

>> 第1回目(植物の分類)はこちら
>> 第2回目(植物の芽生えと成長)はこちら

根のつくりとはたらき

根には、植物の土台を支え、水分や栄養を吸収する重要な役割があります。

■根の形

双子葉類(アブラナ・タンポポなど)
主根と側根に分かれている

単子葉類(イネ・トウモロコシなど)
“ひげ根”が特徴。細かく分かれた根が土の中に広がっている

■根の役割

地上部の支え
根は植物を支え、倒れないようにしている

水と養分の吸収
土壌から水や肥料を吸収することで、植物は成長に必要な栄養素を得ることができる

 

茎のつくりとはたらき

次に、茎の役割について見てみましょう。

■茎の構造
茎には「道管」と「師管」という組織があり、植物の体内で水分や養分を運ぶ“パイプ”のような役割を果たしている(道管と師管を合わせたものが「維管束」と呼ばれることも覚えておこう!)

■茎の内部構造

双子葉類
茎の断面を見ると、道管と師管が形成層に沿って輪状に配置されている

単子葉類
形成層がなく、道管と師管が茎の内部に散在している(特定のパターンに沿って配置されていない)

■茎の役割

水分と栄養の運搬
茎は、根から吸収した水分や養分を、葉や花、果実などに運んでいる

植物の支え
茎は植物を支え、葉や花を適切な位置に保っている。これにより、光合成や繁殖が効果的におこなわれる

 

葉のつくりとはたらき

最後は「葉」について説明します。

■葉の形状
葉には、植物の“工場”のような役割がある。光合成を通じて、太陽の光を利用して栄養をつくり出している

■葉脈の形
葉脈の形は、双子葉類か単子葉類かによって異なる

双子葉類
網状脈が特徴で、葉脈が網のように広がっている

単子葉類
平行脈が特徴で、葉脈が平行に並んでいる

■葉の機能

光合成
葉緑体でおこなわれる光合成により、植物は二酸化炭素と水からグルコース(糖)と酸素を生成する。これらが植物の主なエネルギー源になる

蒸散
葉の気孔を通して水分を蒸発させることで体温調節をおこなっている。根からの水分の吸収も促進している

■葉の内部構造
葉の断面を見ると、以下のような組織が確認できる

葉緑体
葉緑体とは、光合成をおこなう細胞の中にある構造のこと

気孔
気孔とは、葉の表面にある小さな穴のこと。光合成に必要な二酸化炭素を取り入れて酸素を放出するなど、気体の交換をおこなっている

 

おまけの知識:形成層って何?

形成層とは、植物の茎や根の中にある“細い層”のことです。

新しい細胞をつくり出すことで、植物が太くなる手助けをしています。

■形成層の場所
形成層は、茎や根の内側にある

■形成層の役割
形成層には、新しい細胞をつくり出し、茎や根を太く成長させる役割がある

■形成層があるとどうなるの?
形成層がある植物(主に双子葉類や裸子植物)は、時間が経つと茎や根がどんどん太くなる

ちなみに、木の茎を切ると“輪っか”のような模様(年輪)が見えることがあるが、これは形成層が1年ごとに新しい層をつくり出しているから(大きな木が年を重ねるごとに太くなるのも形成層の働きが理由)

■形成層がないとどうなる?
草や、単子葉類と呼ばれる植物には形成層がないため、茎や根が太くならず、細いまま。木のように硬くなることもない

 

まとめ

植物の根・茎・葉は、それぞれが大切な役割を果たしています。

そして、それぞれが協力して、植物全体を支えているんですね。

「植物分野の総まとめ」4回目の次回は、花と果実や、植物をとりまく環境について深く見ていきましょう!

※記事の内容は執筆時点のものです

0