中学受験保護者のための1day 1hack 中学受験保護者のための1day 1hack

移動時間、お昼休み、ホッとひと息をついたスキマの時間に。お子さまの中学受験をサポートするための、ちょっとしたメソッドを、教育・受験指導専門家の西村創さんが音声&ミニコラムでお伝えします。投書箱に寄せられた読者コメントをもとにした、アンサー投稿も予定しています。

音声再生&ミニコラムの閲覧には有料会員登録(初回30日間無料)とログインが必要です

有料会員サービスの内容はこちら

2022年05月03日

中学入試の多様化

とじる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

西村です。

今日は「中学入試の多様化」について、お伝えします。

以前、都立中高一貫校をめざしている子の親御さんに、都立中高一貫校の適性検査型入試を採用している私立中も受験することをおすすめしました。

 

公立中高一貫校の適性検査型入試を採用している私立中、増えているんですよね。

はっきりと公立中高一貫校の適性検査型入試と打ち出していなくても、思考力型入試を採用している私立中学は首都圏に約150校あります。

首都圏には私立中学が約300校ありますから、約半数の私立中学が、公立中高一貫校の適性検査型入試を含む思考力型入試を採用していることになります。

大幅な入試改革をしなくてもすでに不動の地位を築いている難関校を除けば、大半の学校は適性検査型入試を採用しているんですよね。

そして今回、取り上げたい学校は、宝仙学園中学校共学部理数インターという学校です。

東京中野区の中野坂上にある学校なので、

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱