中学受験保護者のための1day 1hack 中学受験保護者のための1day 1hack

移動時間、お昼休み、ホッとひと息をついたスキマの時間に。お子さまの中学受験をサポートするための、ちょっとしたメソッドを、教育・受験指導専門家の西村創さんが音声&ミニコラムでお伝えします。投書箱に寄せられた読者コメントをもとにした、アンサー投稿も予定しています。

音声再生&ミニコラムの閲覧には有料会員登録(初回30日間無料)とログインが必要です

有料会員サービスの内容はこちら

2022年07月25日

[読者質問に回答]難問にチャレンジしない子への対応

とじる

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

西村です。

先日、つぎのようなご質問をいただきました。

読んでみますね。

■ニックネーム

一人娘のママ

■お子さまの学年

小1

■質問内容

にしむら先生、先日は質問に答えてくださってありがとうございました。

今は、保育園からはじめた公文の算数と、本人のペースで進められる学習アプリや本を読むことを、ゆるく進めています。小学校の内容の理解は、特に問題ないようです。

 

今回伺いたいことは、娘の学習姿勢に対する親の対応についてです

親として、悩んでいます。

まず、難しい問題にチャレンジすることを強く拒否します

たとえば公文は割り算を扱うようになって、宿題を嫌がるようになりました。

学習アプリはクリアしたら自動的に先に進むのですが、子供はその仕組みをわかっているみたいで、わざと間違えて進度を上げないようにしたりします……。

また、子供が「難しい」って言ったときに私が優しく教えようとすると、なぜか激しく怒り出します

もともと子供に強制してはないんですが……、この様子なので「無理にやらなくてもいい」と、子供の気分が乗らないときはすすめないようにしています。

公文の進度は、簡単な内容に戻すと楽しくやるようになりました。

 

新しいことがわかる楽しさが家庭学習では身に付かず、親としてもどかしさを感じます。やはり、塾の先生やお友達と楽しく学ぶほうが良いのかもと思います。

まだ小1、6歳なので「そのうちできるようになる」と楽観的に捉えるようにしてはいます。しかし情報過多な世の中で、すばらしいお母さま・お子さま方もいて、そういった情報に触れると焦る気持ちもあります

なんとも、複雑な感情を抱いています。

にしむら先生、励みになる言葉をいただけたら嬉しいです

一人娘のママさん、先日に続いてご相談いただきありがとうございます!

それでは具体的なアドバイスをふたつ、励みになりそうな事実をひとつお伝えします。

 

アドバイスその1は「間違えない勉強は、勉強ではない」ということを、色々な言い方で常日頃から伝えることです。

続きは有料会員の方のみご覧いただけます

中学受験ナビについて

中学受験ナビは
保護者のための中学受験情報サイトです

会員登録すると・・・

  • 中学受験のノウハウ
  • お子さまに合った学校選び
  • 保護者の関わり方・考え方
  • 教科ごとの学習ポイント

などすべての会員コンテンツが

毎月情報
掲載!!

登録初月無料

通常

880円/月(税込)

会員登録

サービス内容はこちら

投書箱